ニュース
» 2010年08月22日 11時00分 UPDATE

ビジネスニュース 市場予測:2010年に成長する半導体の製品分野はこれだ

米国の市場調査会社であるIC Insights社は、半導体部門別の成長率を予測した。28分野のうち、成長率がマイナスになるのはROMとEPROMの2分野のみだという。

[Mark LaPedus,EE Times]

 米国の市場調査会社であるIC Insights社は、半導体部門別の成長率を予測した。28分野のうち26分野が2010年に二桁成長を遂げるという予測である。

 成長率がマイナスになるのはROMとEPROMの2分野のみだという。同社の予測は、2009年とは対照的だ。2009年は、28分野のうち26分野で売上高が減少した。2009年に売上高が増えたのは、フラッシュメモリ(Flash Memory)と通信向けアナログ(Telecom App-Specific Analog)の2分野だけだった。

 2010年に成長が見込まれる分野は表1の通りである。

ALT 表1 米IC Insights社による半導体売り上げ予測 28の製品分野ごとに予測した。全分野の平均成長率は30%(2009年は−9%)。最も成長率が高いのはDRAMの79%(−9%)である。ROM(−28%)とEPROM(−30%)だけは、売上高が減少する予測だ。

【翻訳 大山博、編集 EE Times Japan】

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.