ニュース
» 2011年02月22日 19時05分 UPDATE

オーディオ処理技術:スマートフォンにも高音質を、SRS LabsのオーディオIPがOpenSL ES 1.1規格に対応

SRS Labsは、同社のモバイル機器向けオーディオ処理IP「SRS TruMedia」が、Khronos Groupの「OpenSL ES 1.1」規格に準拠したと発表した。

[前川慎光,EE Times Japan]

 SRS Labsは、同社のモバイル機器向けオーディオ処理IP「SRS TruMedia」が、「OpenSL ES 1.1」規格に準拠したと正式に発表した。

 OpenSL ES 1.1は、オープンAPIの業界団体「Khronos Group」が策定したオーディオ用APIである。2011年1月に公式に発表したばかり。SRS TruMediaは、音響心理学に基いた3Dサラウンド処理をはじめ、低音域を増強したり、高音域の明瞭(めいりょう)度を高めるといった音響処理を実現する。「OpenSL ES 1.1規格に準拠したオーディオ処理技術は、業界初だ」(同社)。

 Android 2.3(コードネーム、Gingerbread)は、OpenSL ESに対応している。Android 2.3搭載のスマートフォンをはじめとしたさまざまなモバイル機器に、SRS TruMediaの採用が可能になったことで、スピーカ寸法の制約があるモバイル機器でも高い音質のオーディオを再生できるようになったという。SRS TruMediaは、モジュラー型アーキテクチャを基に設計しているため、機器メーカーは、Android 2.3搭載のモバイル機器の特徴に合わせて、最適な音作りを進められる。

関連キーワード

SRS Labs | オーディオ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.