ニュース
» 2011年03月03日 15時23分 UPDATE

ビジネスニュース:台湾でハイテク市場の開放が進む、半導体業界へ中国本土から出資可能に

台湾の経済部(Ministry of Economic Affairs)は2011年3月2日、台湾が強みを持つ半導体と液晶ディスプレイを含む複数の分野でこの制限を廃止し、中国からの出資を許可すると発表した。

[Mark LaPedus,EE Times]

 長年の間、台湾は中国本土に何十億米ドルもの投資を続けてきた。しかし中国本土から台湾への出資については、台湾当局が制限していた。

 台湾の経済部(Ministry of Economic Affairs)は2011年3月2日、台湾が強みを持つ半導体と液晶ディスプレイを含む複数の分野でこの制限を廃止し、中国からの出資を許可すると発表した。

 台湾の経済部によれば、中国本土から台湾に向けて以下の分野の出資を承認する。すなわち、半導体集積回路の製造、半導体パッケージ、半導体テスト、液晶ディスプレイ、金属切削工具、半導体製造装置などである。

 いくつか制約もある。台湾の経済部によれば、中国本土の投資家は株式の保有比率を10%以下に抑えなければならない。また、その保有比率の中で、土地と資本の割合は50%未満にする必要があると言う。

【翻訳/編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.