調査リポート
» 2011年03月14日 15時38分 UPDATE

製品解剖:フォトギャラリー:アップルの新型タブレット「iPad 2」の内部をのぞく

アップルの新型タブレット「iPad 2」が2011年3月11日に米国で発売された。EE Times誌と同じくUnited Business Mediaの傘下にあり、技術情報サービスを手掛けるUBM TechInsightsは、早速iPad 2の分解リポートに着手した。本稿では詳細なリポートに先立って、UBM TechInsightsが米EE Timesに提供した分解写真をフォトギャラリー形式でお届けする。

[Rick Merritt,EE Times]

分解前にiPad 2がまだ動作している状態で撮影した「ビフォアー」写真

図1

動作状態のiPad 2から背面の保護カバーをはがす

図2

タッチスクリーンと二次電池、部品搭載基板を取り外す

図3

25Whの3セル3.8Vリチウムイオン二次電池が現れる

図4

二次電池を取り外す

図5

ロジック基板と3G携帯電話モジュールを取り外す

図6

前面のカメラを取り外す

図7

VGAカメラモジュールを取り外す

図8

iPad 2の前面と背面それぞれのカメラモジュールは、いずれもアップルが既存の携帯メディアプレーヤー「iPod touch」で採用していたものに似ている。

各種のセンサーを搭載

図9

iPad 2は、アップル既存のスマートフォン「iPhone 4」に内蔵されている品種と同じセンサーを2つ搭載している。STマイクロエレクトロニクスの6軸加速度センサー「LIS331DLH」と3軸ジャイロセンサー「ST L3G4200D」である。

iPad 2が内蔵する主な部品

図10
【翻訳/編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.