ニュース
» 2011年03月17日 14時30分 UPDATE

ビジネスニュース 震災復興:エルピーダメモリ、秋田の生産拠点の操業を16日に再開

DRAMの大手メーカーであるエルピーダメモリは2011年3月16日、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う停電で操業を停止していた秋田エルピーダメモリでの生産を順次再開していると発表した。

[薩川格広,EE Times Japan]

 DRAMの大手メーカーであるエルピーダメモリは2011年3月16日、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う停電で操業を停止していた秋田エルピーダメモリでの生産を順次再開していると発表した。3月16日になって、電力の供給が段階的に復旧した。 

 秋田エルピーダメモリは、MCP(Multi Chip Package)やPoP(Package on Package)、SiP(System in Package)、TSV(Through Silicon Via)などの技術を適用したパッケージ品の組み立てを担う生産拠点である。今回の地震や停電によって同社に人的な被害や装置などへのダメージは無いと言う。

 なおエルピーダによれば、同社のDRAM製品のパッケージ組み立てとテストは全体の9割を海外で行っており、今回の秋田エルピーダメモリでの操業停止による事業への影響は軽微にとどまる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.