ニュース
» 2011年03月31日 19時24分 UPDATE

無線通信技術:富士通セミ、マルチメディア放送や緊急警報放送に対応した受信チューナー発売

富士通セミコンダクターは、携帯電話機向けのマルチメディア放送受信用チューナーモジュール「MB86A35」など、合計6品種を2011年4月から順次発売する。

[前川慎光,EE Times Japan]

 富士通セミコンダクターは、携帯電話機向けのマルチメディア放送受信用チューナーモジュール「MB86A35」など、合計6品種を2011年4月から順次発売する。

 MB86A35は、アナログ放送停波後に空いた周波数を利用する携帯電話機向けの放送サービス(マルチメディア放送)に対応したチューナーモジュールである(図1)。マルチメディア放送の通信規格である「ISDB-Tmm」の他、ワンセグ/フルセグ放送規格「ISDB-T」や、デジタルラジオ規格「ISDB-Tsb」、欧州の地上デジタル放送規格「DVB-T」、緊急警報放送など、多くの放送規格に対応している。1000個購入時のサンプル価格は、2000円。2011年4月に出荷を開始する。

図1 図1 富士通セミコンダクターの携帯電話機向けのマルチメディア放送受信用チューナーモジュール「MB86A35」

 この他の5品種の内訳は以下の通り。携帯電話機向け6MHz/7MHz/8MHzマルチバンド対応のワンセグモジュール「MB86A29M」、実装面積が4.7mm x 5.2mmと業界最小サイズのワンセグモジュール「MB86A30V」、車載向け4ダイバーシティチューナーモジュール「MB86A51」、デジタルTV/STB向けフルセグOFDM処理用LSI「MB86A22」、デジタルTV/STB向けHDデコーダーLSI「MB86H615」である。MB86A22とMB86H615は、チップセットとして使う。

 なお同社は、地上デジタル放送の研究段階から地上デジタル放送対応のOFDM処理用LSIの開発に着手していた。2010年3月時点で、累計5000万個以上の出荷実績を有するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.