ニュース
» 2011年04月20日 18時32分 UPDATE

ビジネスニュース 震災復興:富士通セミコンダクターの被災工場全てが通常操業状態に復旧

東日本大震災と余震によって大きな被害を受けた富士通セミコンダクターの2工場が復旧し、東北地方にある同社グループの製造拠点が全て通常操業を再開した。

[薩川格広,EE Times Japan]

 富士通セミコンダクターの主力3工場の1つである岩手工場(岩手県胆沢郡金ケ崎町)(図1)が2011年4月18日に通常操業(100%ウエハー投入の状態)を再開したのに続き、グループ会社でロジックLSIとフラッシュメモリの半導体前工程を担当する富士通セミコンダクターテクノロジ本社工場(福島県会津若松市)も20日に通常操業を再開した。これにより、東北地方にある富士通セミコンダクターの製造拠点が全て復旧したことになる。

 同社は被災によって減少していた生産量を回復するために、4月末から5月上旬にかけての連休期間中も、全国各地にある製造拠点で休業せずに操業を続ける予定である。同社の三重工場の他、グループ会社で半導体パッケージの組み立てと試験を受け持つ富士通インテグレーテッドマイクロテクノロジの九州拠点を含む、全ての生産拠点を対象とする。

図1 図1 富士通セミコンダクターの岩手工場 2011年4月18日に復旧を完了し、通常操業を再開した。出典:富士通セミコンダクター

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.