ニュース
» 2011年04月22日 12時58分 UPDATE

電子部品 コンデンサ:パナソニックの面実装アルミ電解コンデンサ、実装面積を60%削減し業界最小うたう

パナソニック エレクトロニックデバイスは、外形寸法を同社従来比最大60%削減した、面実装タイプのアルミ電解コンデンサを発売した。

[前川慎光,EE Times Japan]

 パナソニック エレクトロニックデバイスは、デジタル機器や車載機器の電源平滑に使う、面実装タイプのアルミ電解コンデンサ「V形FTシリーズ」を発売した。

 外形寸法が小さいことが特徴である。「静電容量が同じ当社従来品と比較して、実装面積を最大60%削減した」(同社)。この他、等価直列抵抗(ESR)が低いことや、リップル電流への耐性が高いことも特徴に挙げる。ESRについては同社従来比で最大50%削減し、リップル電流への耐性を最大1.4倍に高めた。

図1 図1 パナソニック エレクトロニックデバイスの面実装アルミ電解コンデンサ「V形FTシリーズ」

 静電容量や定格電圧、外形寸法が異なる合計6品種を発売した。静電容量は10〜2200μF、定格電圧は6.3〜50V、外形寸法(直径×厚み)は、4.0mm×5.8mm 〜10.0mm×10.2mm。ESRは、0.06〜2.3Ω(周波数100kHz、環境温度20℃)。定格リップル電流は、85〜1190mAである(周波数100kHz、環境温度105℃の条件)。

 サンプル価格は100円から。量産は2011年4月に開始しており、月産数量は1000万個である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.