ニュース
» 2011年04月22日 21時23分 UPDATE

ワイヤレス給電技術 Wireless Power Consortium(WPC):日立マクセルに続きパナソニックもワイヤレス給電製品を投入、その意義は何か (1/3)

日立マクセルに続きパナソニックも、ワイヤレス給電関連の製品を投入した。いずれも、「Wireless Power Consortium(WPC)」のQi規格に準拠しており、互換性が確保されていることが特徴だ。

[前川慎光,EE Times Japan]

 二次電池を内蔵したさまざまなエレクトロニクス機器を使い続けるには、定期的に充電ケーブルを接続して充電する必要がある――。その常識が、少しずつ崩れていくかもしれない。充電ケーブルを使わず、置くだけで電力を供給できることを売りにした、ワイヤレス給電製品の市場投入が続いている。

 日立マクセルは、iPhone4を置くだけで充電することができるワイヤレス給電パッド「WP-PD10.BK」と、iPhone4用充電ケース「WP-SL10A.BK」を、2011年4月25日に発売する(図1)。

 日立マクセルに続き、パナソニックも、ワイヤレス給電関連の製品シリーズ「Charge Pad」を6月24日に発売する(図2)。Charge Padシリーズの第1弾は、ワイヤレス給電パッドと、パッドに置いて使うUSB対応モバイル電源パック、ニッケル水素二次電池専用ケースの3品種。モバイル電源パックは、携帯電話機やスマートフォン、携帯型オーディオ機器といったモバイル機器の充電に使える。一方のニッケル水素電池専用ケースは、単三電池または単四電池を入れて充電する用途に使う。

図1図1 図1 写真左は、iPhone4を置くだけで充電することができるワイヤレス給電パッド「WP-PD10.BK」。2つのiPhoneを同時に充電可能なダブルタイプ。写真右は、シングルタイプの「WP-PD10S.BK」である。2011年2月8〜10日の期間に開催された「Smart Energy Japan」の日立マクセルブースに出展したもの。

図2 図2 パナソニックが2011年6月24日に発売するワイヤレス給電パッド「Charge Pad」

 日立マクセルとパナソニック以外にも、ワイヤレス給電技術に関連した製品の投入を計画している企業が幾つかある*1)。例えば、LG Electronicsは2011年3月にワイヤレス給電パッド「WCP-700」を製品化することを正式に発表しており、既に米連邦通信委員会(FCC:Federal Communications Commission)の機器認証を取得している(関連Webサイト)。

*1)2011年2月時点では三洋電機も、2011年前半を目処に製品を投入するとしていた。ただ現時点で、製品計画は明らかにできないと説明を変えた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.