ニュース
» 2011年06月14日 11時20分 UPDATE

ビジネスニュース 震災復興:「ほっとした」――ルネサスが生産再開の那珂工場を公開 (1/2)

ルネサス エレクトロニクスが、生産再開した那珂工場の300mmラインをマスコミに公開。同社の赤尾泰社長は生産再開時期の前倒しに「正直、ほっとした」と心情を吐露した。

[西坂真人,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは、東日本大震災で被災していた同社の主力工場・那珂工場(茨城県ひたちなか市)の生産再開を受け、2011年6月10日に同工場の300mmラインをマスコミに公開した。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災では、同社とグループ国内22拠点のうち8拠点で一時、生産停止に追い込まれていた(関連記事「ルネサス、地震により停止していた一部生産を再開」)。特に同社主力工場である那珂工場の被災により、同工場で生産していた車載マイコンや汎用マイコン(一部生産)の供給不足が懸念されていただけに、1日も早い復旧・生産再開が待ち望まれていた。

photo 同社主力工場である那珂工場(茨城県ひたちなか市)
photophoto 300mmラインがあるN3棟(左)ここで作られる300mmウエハー(右)

 同社は2011年5月11日の発表で那珂工場の復旧状況をアナウンス(関連記事「ルネサスが那珂工場の生産再開をさらに前倒し、製品の市場供給は10月末までに被災前のレベルに」)したが、その予定通り6月1日には200mmラインが、また6月6日には300mmラインがそれぞれ生産再開したことを明らかにした。

photo ルネサス エレクトロニクス代表取締役社長の赤尾泰氏

 同社代表取締役社長の赤尾泰氏は6月10日の300mmライン公開で説明に立ち、「冒頭にお礼を言いたい」と語り、経済産業省/産業技術総合研究所/自動車工業会/同社株主・関連企業(約40社)/建設・プラント関連企業(約50社)/半導体・部材関連企業(約60社)/装置・IT関連企業(約200社)など各方面からの生産再開に向けた支援に感謝の意を表した。

 「日本のみならず、グローバルで非常に多くの支援をいただいた。(支援に携わった人員は)延べ約8万人、4月初旬には1日に約2500人が動員された。これは那珂工場の従業員数(関連会社含め約1900人)をはるかに超える人数。長期にわたり多大な支援をいただいた結果、われわれの想像を超える驚異的なスピードで復旧できた」(赤尾氏)。

photo 震災時には工場内の電力幹線ケーブルが落下していたが、4月11日には完全復旧
photo 300mmラインの工場建屋外部に設置されていた排気ダクトも震災の影響で破損していたが、4月10日には完全復旧
photophoto クリーンルームでも製造・検査装置が壊れたり(写真左、200mmラインのN2棟)壁が倒壊(写真右、300mmラインのN3棟)していたが、いずれも4月10日には完全復旧
photo 完全復旧した300mmライン。製造装置が整然と並ぶ

photophoto 最新鋭の機器が導入されている300mmラインでは人の姿もまばら(左)奥の方をよく見るとまだ復旧作業が進行中でパイロンが置いてある(右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.