ニュース
» 2011年07月22日 18時08分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2011:1/4ブリックで出力が720Wと大きい中間バス用DC-DCコンバータをCUIが出品

SEPIC型と一般的な降圧型を組み合わせて構成したCUI独自の電源トポロジ「Solus」を採用することで、単位容積当たりの出力容量を高めた。競合他社品は400W程度にとどまるという。

[薩川格広,EE Times Japan]

「TECHNO-FRONTIER 2011」記事一覧

 電源モジュールなどを手掛ける米国の電子部品メーカーCUIの日本法人シーユーアイ・ジャパンは、外形寸法が58.4×36.8×12.2mmのいわゆる1/4(クォータ)ブリックサイズで、出力電力が720Wと大きい絶縁型DC-DCコンバータモジュール「NQB2060シリーズ」を開発し、「TECHNO-FRONTIER 2011」(2011年7月20日〜22日、東京ビッグサイト)に出品した(図1)。米国で2011年7月19日に発表したばかりの製品である。「競合他社の1/4ブリック品は、出力電力が400W程度にとどまっている。当社はそれを2倍近くまで高めた」(CUIでVP of Advanced Power Marketingを務めるMark Adams氏)。

図1 図1 NQB2060シリーズ 1/4ブリックサイズながら出力電力が720Wと大きい。

 中間バスアーキテクチャ(IBM:Intermediate Bus Architecture)に対応したDC-DCコンバータである。入力電圧範囲は36〜60V。出力電圧は12Vで、出力電流は最大60A。変換効率は標準96%と高い(12V出力の100%負荷時)。入出力間の絶縁耐圧は1500Vを確保した。電源回路のトポロジは、SEPIC(Single Ended Primary Inductor Converter)型と一般的な降圧型を組み合わせて構成したCUI独自のトポロジ「Solus」を採用する。「Solusトポロジは、一般的な降圧型コンバータに比べて、制御用FETのスイッチング損失を大幅に減らせる上、回路の導通損失を半減させることが可能だ。変換効率を高められるとともに、容積当たりの電力容量を増やすこともできる。これにより、1/4ブリックサイズで720W出力を達成できた」(Adams氏)。

 既に一部の顧客企業に向けてサンプル出荷を始めており、2012年の第1四半期に量産出荷を開始する予定である。同社は今後、入力電圧範囲をさらに広げた品種や、出力電圧が9.6Vの品種なども投入する計画だ。また同社は、Solusトポロジを、今回のNQB2060シリーズのような絶縁型DC-DCコンバータに加えて、非絶縁型のDC-DCコンバータや、AC-DCコンバータにも適用していく考えである。

関連キーワード

TECHNO-FRONTIER 2011:


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

イプロスの製品トピックス

All material on this site Copyright © 2005 - 2014 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.