ニュース
» 2011年07月22日 18時00分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2011:次世代パワーデバイスで音質を向上、IRジャパンがGaN-FETをD級オーディオ向けに提案

D級オーディオシステムにおいて、通常のシリコンベースのMOSFETに替えてGaN-FETを用いることにより、高音質、低歪(ひずみ)率、電力損失の低減などさまざまなメリットが得られる。

[朴尚洙,EE Times Japan]

 インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)は、「TECHNO-FRONTIER 2011」(2011年7月20日〜22日、東京ビッグサイト)において、次世代パワーデバイスとして知られるGaN(窒化ガリウム)デバイスを用いたD級オーディオシステムのデモンストレーションを行った(図1)。

 IRジャパンの親会社であるInternational Rectifierは、2008年から、「GaNpowIR」のブランドでGaNデバイスの製品展開を行っている。現在は、耐圧が30VのGaNデバイスの量産を開始するとともに、特定顧客と機器搭載における評価作業を進めている段階にある。

 今回、IRジャパンがD級オーディオシステムのデモに用いたGaNデバイスは、耐圧が150VのGaN-FETである。通常のシリコンベースのMOSFETに替えてGaN-FETを用いることにより、「高音質、低歪(ひずみ)率、768kHzという高い変調周波数、電力損失の低減、オーディオシステムの基板面積の削減などのメリットが得られる」(IRジャパン)という。

 同社は、D級オーディオシステム向けの製品として、コントローラICとMOSFETを販売している。今回デモに用いた中耐圧のGaN-FETは、既存のD級オーディオシステム向けMOSFETと比べて高性能ではあるものの価格も高い。このため、当初は、高級オーディオシステム向けの提案活動が中心になるとみられる。

ALT 図1 GaNデバイスを用いたD級オーディオシステムのデモ 真空管を模した部品の中に、GaN-FETを用いたD級オーディオシステムの回路基板が組み込まれている。

関連キーワード

GaN | オーディオ | TECHNO-FRONTIER 2011:


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.