ニュース
» 2011年08月04日 07時00分 UPDATE

ビジネスニュース:MIT、ロシアのNPOと技術専門学校を共同で設立へ

MITとSkolkovo Foundationが、ロシアに新しい技術専門学校を設立することで合意した。国際的な共同研究が行える教育機関の構築を目指す。

[Nicolas Mokhoff,EE Times]

 米国のMassachusetts Institute of Technology(MIT)とロシアのSkolkovo Foundationは2011年7月初め、ロシア郊外のSkolkovo(スコルコボ)に、技術専門学校である「Skolkovo Institute of Science and Technology(SIST)」を設立するための仮契約を締結した。

 MITとSkolkovo Foundationは、同技術専門学校の設立に向けた次の段階として、初秋に3年間の共同研究契約を結ぶ予定である。

 非営利組織であるSkolkovo Foundationは、モスクワ郊外のスコルコボに科学技術研究地区を新たに構築する目的で創設され、特別法により運営されている。この特別法により、スコルコボの居住者は特別な経済条件の下で事業を行うことができる。

 MITはこれまでも、諸外国による研究機関の設立を積極的に支援してきた。1950年代後半には、インドで「Indian Institute of Science」の設立を支援したほか、2007年にはアブダビ首長国と共同で、高等教育研究機関である「Masdar Institute of Science and Technology」の創設を発表した。続く2008年にはシンガポール政府と共同で、「Singapore-MIT Alliance for Research and Technology Center」の設立を発表している。同政府とMITは2010年にも、Singapore University of Technology and Designにおける共同研究の取り組みを発表した。

 Skolkovo Foundationは、MITによる支援の下、SISTを研究大学院として設立する計画である。また、海外からの科学者とロシア出身の科学者が一堂に会して研究に従事するような、国際的な共同研究の場になるよう目指す。

 SISTで取得可能な修士号および博士号は、主に、エネルギー科学技術、生物医科学技術、情報科学技術、宇宙科学技術の4つの研究分野から構成される。今後、原子力科学技術がエネルギー研究分野に加わるか、もしくは独立した研究分野として設立される可能性があるという。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

イプロスの製品トピックス

All material on this site Copyright © 2005 - 2014 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.