ニュース
» 2011年08月12日 18時17分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:OKIセミコンダクタが社名を変更、ローム・ラピスセミコンダクタに

2008年10月の買収後も「OKI」ブランドを用いた社名がそのまま使用されていたが、ロームグループの一員として認知度が高まってきたことから社名を変更することとなった。

[朴尚洙,EE Times Japan]

 ロームは、連結子会社であるOKIセミコンダクタについて、2011年10月1日付で社名を変更することを発表した。新社名は、ローム・ラピスセミコンダクタ株式会社である。

 ロームは、2008年10月に、沖電気工業が半導体事業部門を分社化して設立したOKIセミコンダクタを買収した。買収後も、沖電気工業の「OKI」ブランドを用いた社名がそのまま使用されていた。ロームによれば、買収から3年が経過して、ロームグループの一員として認知度が高まってきたことから今回の社名変更を決断したという。

 なお、新社名であるローム・ラピスセミコンダクタの「ラピス」は、ラテン語で石や鉱石を意味する言葉である。半導体が、技術者に「石」という俗称で呼ばれていることから、社名に石を意味するラピスを採用した。

 OKIセミコンダクタの子会社である、OKIセミコンダクタ宮崎(宮崎県宮崎市)、OKIセミコンダクタ宮城(宮城県大衡村)、OKI(Thailand)(タイ)も、2011年10月1日付で、それぞれ、ローム・ラピスセミコンダクタ宮崎、ローム・ラピスセミコンダクタ宮城、ROHM Lapis Semiconductor(Ayutthaya)に社名を変更する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.