ニュース
» 2011年08月26日 12時32分 UPDATE

ビジネスニュース:Intelからスピンオフした太陽電池メーカーが倒産

Intelのスピンオフ企業である太陽電池メーカーSpectrawattが、破産を申請した。Intelなどが5000万米ドルをつぎ込んだ企業も、有利な条件で事業を展開する競合各社との生存争いには勝てなかったようだ。

[EE Times]

 Intelのスピンオフ企業として2008年に設立された太陽電池メーカーSpectrawattは2011年8月、米国連邦倒産法第11章(チャプター11)の適用を申請した。

 Spectrawattは2010年5月に開設したばかりの工場を同年12月に閉鎖し、110人の従業員を解雇していた。

 Times Herald-Record誌の報道によると、Spectrawattは2011年8月、破産を申請し、裁判所に対して数千万米ドル相当の資産を売却する許可を求めたという。Spectrawattは、倒産の理由について、「ベンダーとの対立を解決できなかった。また、競合各社は、高い助成金を得られる国や労働コストが低い国で太陽電池を製造している。そのような企業と競争するという圧力に耐えきれなかった」と述べている。

 Intelは2008年、太陽電池事業を立ち上げるための主要な資産をスピンオフし、独立した企業としてSpectrawattを設立することを発表した。Intelの投資事業部門であるIntel CapitalはSpectraWattに対し、5000万米ドルの投資を行っている。なお、この投資は、The Goldman Sachs Groupの完全子会社であるCogentrix Energyをはじめ、PCG Clean Energy、Technology Fund、およびSolonと共同で行ったものである。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.