ニュース
» 2011年10月07日 07時30分 UPDATE

CEATEC 2011:「スマートハウスとEVの電力連携はこれ1台でOK」、シャープが「EVスマートパワーコンディショナ」を披露

シャープの「EVスマートパワーコンディショナ」は、EVの充電、EVからの給電、太陽光発電システムとEVの連携など、スマートハウスとEVの電力連携を1台の装置で行うことができる。

[朴尚洙,EE Times Japan]

「CEATEC 2011」記事一覧

 シャープは、「CEATEC JAPAN 2011」(2011年10月4日〜8日、幕張メッセ)において、スマートハウスとEVの電力連携を1台の装置で行える「EVスマートパワーコンディショナ」を展示した(図1)。

 EVスマートパワーコンディショナは、電気自動車(EV)/プラグインハイブリッド車(PHEV)用充電システム、EV/PHEVから家庭に電力を供給する際に用いる電力制御装置、太陽光発電システムのパワーコンディショナ、それぞれの機能を1台の装置に統合したものである。

図1 シャープの「EVスマートパワーコンディショナ」 図1 シャープの「EVスマートパワーコンディショナ」 右側にある三菱自動車のEV「i-MiEV」と急速充電コネクタを介して接続されている。

 シャープは2011年2月に、EVスマートパワーコンディショナと同等の機能を持つ「インテリジェントパワーコンディショナ」を発表している。EVスマートパワーコンディショナは、このインテリジェントパワーコンディショナを商品化する際のイメージモックアップである。サイズは、「太陽光発電システムのパワーコンディショナ2台分」(シャープ)となっている。

 同社はEVスマートパワーコンディショナを早期に商品化したい意向だが、まだ解決すべき問題があるという。それは、EV/PHEVと、太陽光発電システムや系統電力を連携させる際の規格や認証が未整備であることだ。例えば、EVスマートパワーコンディショナと、EV/PHEVの接続に用いている急速充電コネクタの規格「CHAdeMO」については、EV/PHEV側から家庭などに電力を供給するための仕様が決まっていない。また、EV/PHEVから家庭に電力供給する機器を認証するための制度も整備されていない。このため、「もし、今すぐEVスマートパワーコンディショナを商品化できたとしても、各家庭に販売する製品について、それぞれ電力機器としての認証取得を行わなければならない」(シャープ)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.