ニュース
» 2011年10月27日 19時39分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:模倣半導体が出回っている! ルネサスが注意を呼び掛け

半導体の流通経路に流れ込む偽造品が急増中だ。国内の大手半導体メーカーであるルネサス エレクトロニクスも、自社製品の模倣品が市場に流通しているのを確認したとして、ユーザーに注意を喚起している。

[薩川格広,EE Times Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2011年10月27日、同社の半導体製品の摸倣品が市場に流通しているのを確認したとして、注意を促す文書をWebサイトに掲載した。この文書によると同社は最近、外観が同社の半導体製品に酷似した模倣品を確認したという。「外見上では当社の同等製品とほとんど見分けがつかず、一部樹脂表面の仕上げ状態、印字の表示状態あるいはパッケージの形状などに当社同等製品とわずかに異なるところが認められるという程度のもの」(同社)だと説明している。

 現在、半導体の流通経路に流れ込む偽造品が急速に増加しており、米国では政府がそうした偽造品を国家安全保障上の脅威と捉え、締め出しを強化し始めている(参考記事:偽造チップを見逃すな! サプライチェーンからの締め出しに本腰)。

 ルネサス エレクトロニクスは、今回確認した摸倣品について、「中には、品質、性能などが劣悪なものがある」と指摘。ユーザーが装置や機器などに組み込んだ場合、不具合の発生原因になる可能性があるとして、注意を喚起している。同社によると、これらの模倣品は同社の正規販売チャネルとは異なる流通経路を通じて取り扱われているという。そのため同社は、製品を購入する際には必ず正規販売チャネルを通じて買い求めるようにと呼び掛けている。

 なお同社は、模倣品の使用により発生した事故・故障および損害などについては、一切の責任を負わないとしており、不明な点があればまずは購入先に問い合わせるよう、顧客に理解と協力を求めている。

関連キーワード

半導体 | 偽造 | サプライチェーン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.