ニュース
» 2011年10月28日 11時28分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:ソニーがSony Ericssonを100%子会社化、Ericssonの保有株式を取得へ

ソニーは、Sony Ericssonが手掛ける携帯電話機を、ソニーのネットワーク・コンスーマー製品群に統合する方針だ。またEricssonとは、「さまざまなプラットフォーム間の接続性を加速するために、ワイヤレス接続の分野で協力を続けていく」(ソニー)という。

[Dylan McGrath,EE Times]

 ソニーは2011年10月27日、Ericssonが保有するSony Ericsson(ソニー・エリクソン)の50%の株式を取得し、Sony Ericssonを100%子会社にすると発表した。Sony Ericssonは、ソニーとEricssonが当時不採算だった両社それぞれの携帯電話事業を統合し、2001年10月1日に事業活動を開始した携帯電話機メーカーで、英国ロンドンに本社を置いている。ソニーによれば、同社はさらに、ソニーの全ての製品およびサービスを対象とする広範な知的財産権のクロスライセンスと、ワイヤレスモバイル技術に関する5つの重要特許群も併せて獲得する。今回の取引でソニーはEricssonに対し、10億5000万ユーロ(約14億9000万米ドル)を現金で支払う。

 Sony Ericssonはここ数年の間、スマートフォン市場において、先行するAppleの「iPhone」やAndroid OSベースの各社の端末に迫れるような機種の投入に取り組んでいた。ソニーによると、Sony EricssonはAndroid端末の市場において11%のシェアを確保しており(2011年度第3四半期終了時点における売上高ベースのシェア)、それらのスマートフォン製品群が売上高の80%(同四半期)を占めている。

 ソニーの代表執行役 会長 兼 社長 CEOであるHoward Stringer(ハワード・ストリンガー)氏は、報道発表資料の中で、今回の取引がソニーとEricssonの両社にとって有意義なものであり、いつ、どこででも好きなコンテンツを楽しみたいという顧客の期待に応えるものになるはずだと述べている。

 Stringer氏は、ソニーは、スマートフォン、タブレット、ノートPC、テレビなどをシームレスに連携させ、より迅速にまた強いラインアップで顧客に提供していくと語っており、それらの製品とソニー自体が運営するネットワークサービスであるプレイステーションネットワークやソニーエンタテインメントネットワークを通じて、「新しいオンラインエンタテインメントの世界を開拓していく」(同氏)と述べている。またソニーは、今回の株式取得によって、商品設計、ネットワークサービスの開発、マーケティング活動など多くの事業領域で、商品群を横断した事業の効率性の向上も目指していくとしており、自社で保有する映画・音楽・ゲームなど全てのコンテンツを、幅広い商品を通して楽しんでもらえる環境を、「ソニーにしか成し得ない形で広げていく」(同氏)と表明した。

 ソニーは今回の取引が完了する時期を2012年1月と見込んでいるが、当局の承認が下りるタイミングなどにも依存するという。

【翻訳/編集:EE Times Japan】


原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.