ニュース
» 2011年11月11日 12時12分 UPDATE

ET2011 開催直前情報:キーワードは“スマート・タウン”、TIはスマートエネルギー向けにマイコン製品群を展開

豊富なマイコン製品群をそろえる日本TIは、現在注目を集めるスマートエネルギーに焦点を当てた展示を行う。低価格、低消費電力のマイコンから高速動作を特徴とするものまで、デモを交えながら幅広く紹介する予定だ。

[EE Times Japan]

 2011年11月16〜18日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2011/組込み総合技術展(以下、ET2011)」が開催される。

 このET2011開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「@IT MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2011の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、同特設ページでは、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい(継続してウオッチしていただきたい!)。

 さて今回紹介するのは、日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)だ。同社は、「スマート・タウン」をテーマに、幅広いマイコンラインアップを生かした展示を行うという。

>>3メディア合同「Embedded Technology 2011特集」

豊富なマイコン製品群を適材適所に

 現在注目されているスマートエネルギーには、エネルギーを有効活用するためにさまざまな技術が必要とされる。「スマート・タウンは今後のエレクトロニクス市場の大きなトレンドの1つ」と主張する日本TIは、「スマートハウス」や「インフラ」といったコーナーを設けて、それぞれに適した製品を紹介する。例えば、スマートハウスのコーナーでは、スマートハウスに欠かせない主要な技術である「エネルギー変換/制御」、「センシング/計量」、「通信」などについて、マイコンを使ったデモを行う予定だ。

 具体的には、低消費電力を特徴とする16ビットマイコン「MSP430」、モーター制御などのリアルタイム処理に向けた32ビットマイコン「C2000」、豊富なインタフェースを備える32ビットマイコン「Stellaris」、機能安全規格の認証を取得できる「Hercules」、1.95米ドルという低価格を実現した「C553x」などを紹介する(参考記事)。

画像1 「Hercules」 画像1 「Hercules」
画像2 「C553x」 画像2 「C553x」

 また、日本TIのブースでは、スマートハウス向けの主要技術や、ZigBeeモジュールを用いた照明制御方法、マルチコアDSPの最新動向などについてプレゼンテーションが行われる。

 さらに、カンファレンスのDSPトラックでは、「DSPを使ったスマートエネルギーシステム制御入門」など3つのセッションを、アナログデザイントラックでは「スマートハウスのパワーソリューション」など2つのセッションを担当する。詳細は、日本TIのWebサイトで確認できる。

Embedded Technology 2011/組込み総合技術展

会期 2011年11月16日(水)〜18日(金)
時間 10:00〜17:00(17日(木)は18:00に終了)
会場 パシフィコ横浜
日本テキサス・インスツルメンツ・ブースNo. C-18


Embedded Technology 2011特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.