ニュース
» 2011年11月14日 11時40分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:「Intel vs. Samsung」、2011年半導体売上高ランキングの行方は?

[前川慎光,EE Times Japan]

 EE Times Japanの先週(11月6日〜11月12日)のアクセスランキングを紹介します。1位と3位に今後の実用化が期待される新技術を紹介した記事がランクインしました。

 1位はCPUの低温廃水を再利用してデータセンターを冷やす富士通の技術、3位は米国のフィラデルフィアにあるDrexel Universityの研究チームが開発した、電源としても機能する“賢い布地”を紹介しています。

 2位には2011年の半導体売上高ランキングを予測したニュース記事がランクインしました。



 2011年の半導体売上高ランキングの予測記事では、米国の市場調査会社であるIC Insightsのリポートを取り上げました。同社によれば、「Intelが20年連続トップを維持し、Samsungの売上高を50%近く上回る見込みだ」としています。

 IHS iSuppliによる2010年の半導体売上高ランキングのリポートでは、韓国のSamsung Electronicsが首位のIntelに迫る勢いを見せたと解説していました。2010年のSamsung Electronicsのシェアは、前年の7.6%から9.2%に増え、長きわたり首位の座にあるIntelのシェアとの差は、わずか4.1ポイントにまで縮まりました。ところが、Intelが2011年初頭にInfineon Technologiesの無線チップ部門の買収を完了したことで、両社の差は再び大きくひらくことになりそうです。

 以下に、過去の半導体売上高ランキングの関連記事を挙げました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.