ニュース
» 2011年12月08日 17時21分 UPDATE

東京モーターショー2011 フォトギャラリー:20XX年の未来が目の前に、サプライヤも電動技術を積極提案 (1/3)

「第42回東京モーターショー2011」(2011年12月3〜11日、東京ビッグサイト)では、国内の自動車メーカーやティア1サプライヤを中心にコンセプトカーや最新技術が数多く展示されている。ここでは、自動車の将来像をイメージして開発されたコンセプトカーや、ティア1サプライヤの電動技術を中心にリポートする。

[朴尚洙,EE Times Japan]

未来の自動車が一堂に

 国内最大の自動車メーカーであるトヨタ自動車は、電気自動車(EV)の「FT-EV III」や「Fun-Vii」、プラグインハイブリッド車(PHEV)「Prius Plug-in Hybrid」、ハイブリッド車(HEV)「AQUA」、燃料電池車(FCV)「FCV-R」などの電動自動車をはじめ6台のコンセプトカーを出展した。中でも最もインパクトが大きかったのが、「20XX年の未来を具現化した」というFun-Viiである(図1)。内外装がディスプレイになっているので、ボディの色や柄、インテリア表示などを自由に変更できる。また、車載情報機器だけでなく、走る/曲がる/止まるを統括する制御系ECU(電子制御ユニット)のソフトウェアをネットワーク経由で常に最新版に保つネットワークアップデート機能を搭載している。この機能は、同社が車載ネットワークへの導入を検討しているイーサネット(Automotive Electronicsの参考記事)を使って、各ECUにIP(Internet Protocol)を割り当てることで実現できる。

 「リーフ」でEV市場をリードする日産自動車は、3台のEVコンセプトカーを披露した。世界初公開となった「PIVO 3」(図2)は、都市型コミュータEV「PIVO」シリーズの3代目となる。2007年に発表した「PIVO 2」が未来的なイメージが強かったのに対して、PIVO 3は4m幅内でUターンできるといった商品化を意識した機能が搭載されており、“近未来”的な仕上がりとなっている。

図1 トヨタ自動車の「Fun-Vii」図2 日産自動車の「PIVO 3」 左の図1はトヨタ自動車の「Fun-Vii」。「スマートフォンにタイヤを4つ付けたような自動車」(同社)というコンセプトで開発された。右の図2は日産自動車の「PIVO 3」。ビルやマンションの駐車場で、自動走行による駐車、駐車中の自動充放電、スマートフォンでの呼び出しができる機能も搭載した。

 本田技研工業が出展した乗用車の電動コンセプトカーは3台。PHEV「AC-X」とスポーツカーEV「EV-STER」、そしてコミュータEVの「MICRO COMMUTER CONCEPT」(図3)である。このコミュータEVは、容量が3.3kWhのリチウムイオン電池パックで最大60km走行できる点(1kWh当たりの走行距離はリーフの2倍以上)やロボット的なデザインからも、かなり先の未来をイメージしたコンセプトカーであることが伝わってくる。

 スズキは、PHEV「スイフト EVハイブリッド」や電動スクータ「e-Let's」など、商品化の時期が近いコンセプトカーの他、半径10kmの日常生活圏の移動に利用する超小型EV「Q-Concept」(図4)を出品した。乗用車と二輪車の中間に位置づけられており、駐車スペースは一般的な乗用車の1/3で済むという。

図3 本田技研工業の「MICRO COMMUTER CONCEPT」図4 スズキの「Q-Concept」 左の図3は本田技研工業の「MICRO COMMUTER CONCEPT」。電動スクータのコンセプト「MOTOR COMPO」を搭載できる。右の図4はスズキの「Q-Concept」。サイズは全長2.5×全幅1.3mで2人乗りである。2人乗り以外に、「小口配送仕様」や「ママ仕様」なども想定している。
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.