ニュース
» 2012年01月11日 11時23分 UPDATE

無線通信技術 IEEE 802.11ac:次世代Wi-Fiが姿現す、MediaTekがGビット無線LANチップを発表

IEEE 802.11nの後継となる次世代の無線LAN規格「IEEE 802.11ac」に対応する無線LANチップが姿を現し始めた。台湾の半導体ベンダーであるMediaTekは、IEEE 802.11acに対応した無線SoC「RT6856」を発表した。

[前川慎光,EE Times Japan]

 台湾の半導体ベンダーであるMediaTek(メディアテック)は、IEEE 802.11nの後継となる次世代の無線LAN規格「IEEE 802.11ac」に対応した無線SoC「RT6856」を発表した。同規格に対応した無線回路の他、CPUコアやPCI Expressインタフェースなどで構成しており、アクセスポイントやルータといった機器に向ける。提供開始の時期は公開していない。

 同社は台湾の無線チップベンダーRalink Technologyを買収することを2011年3月に発表しており、RT6856は合併後初となる無線チップだという(関連記事)。

 IEEE 802.11acは、IEEE 802.11委員会のWG(Working Group)が現在策定を進めている高速の無線通信技術である。1Gビット/秒を超える高いデータ伝送速度が特徴で、ホームネットワークにおいて音声や画像、映像などのマルチメディアコンテンツを配信するといった用途を想定している。無線LAN技術の業界団体であるWi-Fi Allianceは、現在の最新規格であるIEEE 802.11nの後継規格にIEEE 802.11acを位置付けている(関連記事)。

ワイヤレス設計(Wireless Design)特選コーナー

ワイヤレス設計
携帯電話などの高速移動体通信から、応用が広がる近距離無線、新領域として注目を集めるミリ波通信まで、各種無線システムの設計に不可欠な部品やツール、標準規格や認証テストの最新動向を追う!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.