ニュース
» 2012年01月13日 07時43分 UPDATE

2012 International CES:手と声でスマートテレビを操作、Samsungがモーションコントロールを実演

「Hi(やぁ)」と呼び掛けてテレビを起動させ、手振りの動作でチャンネルやメニューを選択したり、音量を調節したりできる。Samsungはこのようなモーションコントロールを紹介した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 Samsung Electronicsは、米国ネバダ州ラスベガスで開催中の消費者向けエレクトロニクスの総合展示会「2012 International CES」(2012年1月10〜13日)で、手と音声を使ってスマートテレビを操作するデモを見せた(図1、図2)。

 同社は、このような機能を「Smart Interaction」と呼ぶ。Smart Interactionに対応するスマートテレビはカメラとマイクを内蔵しており、それらを利用して音声や手の動きを認識する。

 手の動きを認識できる範囲は、テレビの前は4〜5m程度まで、高さは1m程度までだという。Samsungの担当者は、「テレビの前に置いたソファに座って操作すると仮定すれば、このくらいの範囲内で手の動きを認識できれば十分だ」と話している。

CES2012_Samsung_fig01.jpgCES2012_Samsung_fig01_right.jpg 図1 テレビに「Hi(やぁ)」と呼び掛けて起動したところ(左)。「テレビメニューの一覧を出して」と言うと、Skypeなどのアプリケーションの一覧が表示される(右)。(各画像はクリックで拡大)
CES2012_Samsung_fig02.jpgCES2012_Samsung_fig02_right.jpg 図2 左の写真は、手振りでメニューを選んでいる様子。右の写真はWebサイトを閲覧しているところ。手を握る動作で、“クリック”できる。(各画像はクリックで拡大)

 Samsungによると、今回の展示では実演していないが、テレビにユーザーの顔を覚えさせることもできるという。「スマートテレビでは、FacebookやSkypeを利用するときなど、ユーザーの個人認証が必要になる場合がある。そのようなとき、テレビに顔をあらかじめユーザーの顔を認識させておき、本人だと特定できる」(同社)。

モーションセンシング(Motion Sensing)特選コーナー

モーションセンシングコーナー
ジャイロセンサーや加速度センサー、地磁気センサー、位置測位技術など。人の動きを正確に捉えるセンシング技術が、新たなアプリケーションを生む。さまざまなセンシング技術の最新動向を紹介!!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.