ニュース
» 2012年01月16日 15時21分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:世界の半導体ウエハー処理能力ランキングが発表、台湾が初めて首位に

市場調査会社である米国のIC Insightsは、2011年7月時点の世界の地域別ウエハー処理能力ランキングを発表した。それによると、これまで首位だった日本が第2位に後退し、台湾が初めて首位に着いた。

[Peter Clarke,EE Times]

 市場調査会社である米国のIC Insightsは、2011年7月時点の世界の地域別ウエハー処理能力ランキングを発表した。それによると、台湾が世界全体の21.0%を占め、日本と韓国を抜いて初めて首位の座に着いた(図1)。同社は2010年11月に、台湾の半導体製造能力が2011年半ばには日本を追い越し、世界第1位になるという予測を発表していた(参考記事)。

 今回のランキングで第2位はこれまで首位だった日本で、比率は19.7%である。それに韓国が16.8%、米州(南北アメリカ)が14.7%と続く。中国は8.9%で、8.1%の欧州を上回っている。

 この調査結果は、ウエハー処理工場を保有する企業の本拠地ではなく、工場が存在する地域をベースに集計したものである。そのため、例えばSamsung Electronicsが米国テキサス州オースティンに保有するファブは、米州のウエハー処理能力として計上されている。

図1 図1 2011年7月時点の世界の半導体ウエハー処理能力 200mm口径のウエハーに換算した月間処理能力で、単位は1000枚である。出典:IC Insights

 図中の「ROW(その他の地域)」は、主にシンガポール、イスラエル、マレーシアを指すが、ロシア、ベラルーシ、インド、南アフリカ、オーストラリアも含まれる。

 IC Insightsによると、世界のウエハー処理能力のうち、台湾は300mm口径のウエハーで25.4%、同200mmで18.7%、同150mmで11.4%を占めるという。2011年の台湾におけるウエハー処理規模の内訳は、300mmウエハーが全体の64.6%に上り、200mmは29.2%、150mmは6.1%だという。

 台湾はこの他、最先端の半導体プロセス技術ではない、40〜60nm世代の半導体製造においても世界最大のウエハー処理能力を誇っている。

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.