ニュース
» 2012年01月20日 11時48分 UPDATE

無線通信技術 NFC:NFC普及に一役買えるか、Android 4.0向けのプロトコルスタックがオープンソースで登場

Android 4.0には、NFCをサポートする新機能が搭載されている。NFCチップメーカーがAndroid 4.0向けのプロトコルスタックを発表したことで、同規格の普及がさらに進むかもしれない。

[Peter Clarke,EE Times]

 NFC(Near Field Communication)チップを手掛けるファブレス半導体企業であるフランスのInside Secureは、Android 4.0(Ice Cream Sandwich)向けにオープンソースのNFCプロトコルスタック「Open NFC 4.3.3」を発表した。Open NFCのウェブサイトから、ロイヤリティフリーでダウンロードできる。

 Open NFC 4.3.3は、Android 4.0の互換性を定義した仕様書であるCompatibility Definition Document(CDD)に準拠し、NFCのAPI(Application Program Interface)と機能を提供する。このため、NFC非対応のハードウェアにも、NFC機能を実装できるようになる。さらに、Android 4.0の新機能である「Android Beam」や「WiFi Direct」もサポートしているという。

 NFCは、13.56MHzの周波数帯を使用した近距離無線通信規格で、データ伝送速度は約500Kビット/秒である。プリセット情報が格納されたパッシブタブをサポートする。今後は、スマートフォンでの電子決済にも広く利用されると期待されている。このほか、出入管理や交通機関の支払い、ヘルスケア、情報収集/交換、クーポンなど、幅広い用途が見込まれる。

 Open NFC 4.3.3は、HAL(Hardware Abstraction Layer)を特定のハードウェア向けに調整する必要があるが、Inside Secureは、同社のNFCチップ「MicroRead」と「SecuRead」向けのHALをオープンソースで提供している。

 Inside SecureのCOO(最高執行責任者)であるCharles Walton氏によれば、「Open NFCは既に、数百万台のスマートフォンに採用されている」という。

【翻訳:滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.