ニュース
» 2012年01月24日 15時19分 UPDATE

ビジネスニュース 事業買収:EDA大手Synopsysが図研子会社を買収、IPベンダーのインベンチュア

Synopsysの日本法人である日本シノプシスが、図研の子会社でPCI Expressなどの高速シリアルインタフェース用IPコアを手掛けるインベンチュアを譲り受ける。Synopsysと図研が最終合意に達したと発表した。詳細は2012年の第1四半期に確定するという。買収金額は非公開。

[薩川格広,EE Times Japan]

 半導体設計向けのEDAツールとIPコアの大手ベンダーであるSynopsysは、プリント基板設計ツール大手の図研の子会社で、半導体の設計サービスやPCI Expressなどの高速シリアルインタフェース用IPコアを手掛けるインベンチュアを買収する。Synopsysと図研が最終合意に達したとして、2012年1月24日に両社がそれぞれ発表した(Synopsysの報道発表資料(和文)図研の報道発表資料)。Synopsysの日本法人である日本シノプシスがインベンチュアを譲り受ける形だ。Synopsysによると、「買収の詳細は非公開だが、2012年の第1四半期に確定する予定」である。図研の広報担当者は、「譲渡金額などは非公開」と話している。

 インベンチュアは、2006年に図研からスピンオフして設立された国内企業で、横浜に本社を置く。図研によると、インベンチュアはIPコア関連事業に特化した企業として成長しており、OA機器や放送機器、ネットワーク機器、サーバ/ストレージ製品などで用途が拡大しているPCI Express用IPコアを主力製品とする。

 Synopsysは、中核事業である半導体向けEDAツールの他、IPコア関連ビジネスにも注力しており、世界でIPコアベンダーの買収を続けていた。図研は報道発表資料の中で、「当社のソリューションとSynopsysのソリューションは相互に補完する関係にある。両社がビジネスパートナーとして協調を進めていく中で、Synopsysよりインベンチュアの株式譲渡の申し入れがあり、友好的な交渉の結果、当社は受諾した」と述べている。

 Synopsysは報道発表資料の中で、「日本の半導体企業各社は、ファブライト化のビジネス戦略に大きく舵を切っており、今回の買収は、半導体各社にさまざまなメリットをもたらすものである」と語っており、具体的には、次の2点を挙げている。

  • 国内の半導体各社にこれまでSynopsysが提供してきたIPコアの品質基準と優れた技術サポート力は維持しつつ、さらに日本国内でのIPコア開発部門と技術サポート部門が強化される。
  • 半導体各社からの評価が高く優れた実績を持つ日本の設計開発陣(インベンチュア)がSynopsysのIPコア部門に加わることにより、Synopsysが世界展開するIPコア開発のスピードが加速し、ますます高まる各社からのIPコアへの要求に応え続けていくことができる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.