ニュース
» 2012年03月08日 12時51分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:グラフィックス強化の第3世代iPad、GPUコアとLTEチップのベンダーは? (1/3)

Appleが新型iPadで大きく打ち出したのは「グラフィックスの強化」だった。それを担うのは高精細ディスプレイと新型プロセッサ「A5X」である。アナリストらは、A5XにImagination TechnologiesのGPUコアが採用されたとみるが、その具体的な品種については見解が分かれている。

[Rick Merritt,EE Times]

 Appleが2012年3月7日(米国時間)に発表した第3世代のiPadは、LTEに新たに対応した他、プロセッサやディスプレイ、カメラを強化した。この「The new iPad」は、同社の新型アプリケーションプロセッサ「A5X」を搭載する。同社によれば、デュアルコアのCPUとクアッドコアのGPUを集積したチップである。ディスプレイは高精細の「Retina Display」を採用しており、サイズは「iPad 2」と同じ9.7インチだが画素数は2048×1536画素に向上している。精細度は264ppiと高い。

 この新機種でAppleがタブレット市場に送るメッセージを一言でまとめると、「グラフィックスを強化した」ということだろう。

The new iPad Appleの新型iPad 大きさは、縦横が241.2×185.7mm、厚さが9.4 mm。重量はWi-Fi/LTE両対応機で662gである(クリックで画像を拡大)。出典:Apple

 A5Xについて明らかになっている情報はまだ少ない。しかし、あるアナリストによれば、このチップにおいてグラフィックス処理の品質を高めるというAppleの決断は、ディスプレイそのものの改良と相まって、消費電力を低く抑えたままゲームや写真のアプリケーションの明らかな改善をもたらすものだという。

 AMDの元経営幹部で、現在はオースティンを拠点とするMoor Insights & Strategyでプレジデント兼プリンシプルアナリストを務めるPatrick Moorhead氏は、「新しいiPadは、次世代のタブレットの方向性を定めている。もしあなたが10インチ型のAndroidタブレットを手掛けるメーカーであり、新型iPadに対して明らかな差別化を打ち出せないのなら、戦略を考え直す必要がある」と指摘する。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

イプロスの製品トピックス

All material on this site Copyright © 2005 - 2014 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.