ニュース
» 2012年03月19日 12時07分 UPDATE

無線通信技術 ミリ波:1W以下で2.5Gビット/秒を達成、モバイル向け60GHz帯チップをパナソニックが開発

パナソニックが開発した60GHz帯無線通信チップセットはWireless Gigabit(WiGig) Allianceの標準規格に対応している。モバイル機器への採用を狙い、消費電力の削減とチップセットの小型化を進めたことが特徴だ。

[前川慎光,EE Times Japan]

 パナソニックは、60GHz帯を使った無線通信規格の業界団体「Wireless Gigabit(WiGig) Alliance」の標準規格に準拠した無線チップセットを開発した(図1)。特徴は、高速のデータ伝送と低消費電力を両立させたこと。データ伝送速度が2.5Gビット/秒のときのチップセットの消費電力は1W以下と小さい。

 これまで消費電力の観点で、60GHz帯の高速通信をモバイル機器に載せることは難しかった。パナソニックの無線チップセットはこの課題の解決を図ったものである(関連記事:超高速無線がSDメモリーカードに載る、パナソニックがWiGig対応モデルを提案)。「業界最小の消費電力を実現した。これを使えば、圧縮された30分程度のハイビジョン映像データを10秒程度でモバイル機器に転送できる」(同社)。

図 図1 パナソニックが開発したWiGig規格準拠の無線チップセット

モバイル機器狙い盛り上がる60GHz帯通信

 パナソニックが開発した無線チップセットは、60GHz帯に対応したRFトランシーバICと、パケット処理部を含むベースバンド処理LSIで構成している。RFトランシーバICについては、9GHz幅の周波数帯域に対応しつつ、同社従来品に比べてチップ面積を半分に削減した。一方のベースバンド処理LSIでは、動作周波数を上げることなく、汎用プロセッサと高速データ処理回路を最適化することで、低消費電力化を実現したという。

 60GHz帯の無線通信技術は、免許不要で最大9GHz幅の周波数帯域が使え、1Gビット/秒を超えるような高速のデータ伝送を実現できるという特徴がある。据え置き型の民生機器には2009年から実用化されてきたが、前述の通り、消費電力が大きいという課題があり、モバイル機器には採用されてこなかった。ここ最近、60GHz帯をモバイル機器に使おうという機運が高まっている。例えば、Silicon ImageやWilocityがノートPCやタブレットPCといったモバイル機器を対象にした60GHz帯無線チップを発表している。

 なお、パナソニックは2009年5月に誕生したWireless Gigabit Allianceにボードメンバーとして参加し、規格策定などの作業に関わってきた。同団体は既に、標準規格の1.0版と1.1版を発行している(関連記事)。同団体の規格をベースにした国際標準規格「IEEE 802.11ad」の策定もドラフト5.0版まで進んでおり、2012年内には規格の策定作業が完了する見込みである。

ワイヤレス設計(Wireless Design)特選コーナー

ワイヤレス設計
携帯電話などの高速移動体通信から、応用が広がる近距離無線、新領域として注目を集めるミリ波通信まで、各種無線システムの設計に不可欠な部品やツール、標準規格や認証テストの最新動向を追う!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.