ニュース
» 2012年04月10日 10時17分 UPDATE

ビジネスニュース:IntelのCEO、2011年の報酬総額は1700万ドル超

2011年に過去最高の売上高を達成したIntel。同社の経営陣の報酬も、一部を除き、2010年に比べて増加したようだ。

[Peter Clarke,EE Times]

 Intelが米国の証券取引委員会(SEC:Securities and Exchange Commission)に提出した申告書によると、同社でCEO(最高経営責任者)を務めるPaul Otellini氏への2011年の報酬総額は、1749万1900米ドルで、2010年の1565万2500米ドルから11.75%増になったという。

 2011年におけるOtellini氏の基本給は、前年比10%増となる110万米ドルだった。同氏はこの基本給に加え、730万米ドル相当の株式、180万米ドル相当のストックオプション、そしてインセンティブ報酬640万米ドルを受け取った。

 SECに提出された申告書には、Otellini氏以外の役員の報酬も掲載されている。

 Intelの取締役会でバイスチェアマンを務めるAndy Bryant氏は、2011年に724万6300米ドルを受け取ったが、2010年の845万1100米ドルからは減額となった。Bryant氏の基本給は72万米ドルで、前年比で46%増加したものの、株式報酬や奨励給は2010年より下がっている。

 CFO(最高財務責任者)を務めるStacy Smith氏の2011年の報酬総額は前年比20%増となる638万7600米ドルで、基本給は前年比33%増の63万5000米ドルだった。

 一方、マイクロプロセッサ部門のゼネラルマネジャーで、チーフプロダクトオフィサーも務めるDavid Perlmutter氏の報酬はカットされたようだ。同氏の2010年の報酬総額は715万9300万米ドルだったが、2011年はわずかに減額し708万2400米ドルとなった。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

「EE Times Japan「ビジネスニュース」」バックナンバー

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.