ニュース
» 2012年04月19日 07時30分 UPDATE

ESEC2012 開催直前情報!!:「組み込みソフト開発の信頼性強化へ」、キャッツが3つの技術を提案

ソフトウェア開発ツールなどの開発/販売を手掛けるキャッツはESEC 2012で、組み込みソフト開発の信頼性向上に貢献する3つの技術を紹介する。実機の電動車いすロボットを例に取り上げ、安全監視用ソフトウェアの検証やモデリングについてディスカッションを行うトークイベントも予定している。

[EE Times Japan]

 2012年5月9〜11日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第15回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2012)」が開催される。

 ESEC2012の開催に先立ち、アイティメディアが運営するエレクトロニクス系3メディア、@IT MONOistEE Times JapanEDN JapanではESECの特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを多数紹介していく。

 今回紹介するのは、ソフトウェア開発ツールなどの開発/販売を手掛けるキャッツの出展内容だ。ESEC2012、来場前の情報収集に役立ててほしい。

>>3メディア合同「ESEC2012特集」

組み込みソフトの信頼性向上を支える3つの技術

 キャッツは、ESEC 2012において次の3つの技術を柱に製品の展示やデモンストレーションを行う。1つ目はモデルベース開発ツール、2つ目はクレーム解析に基づく高度なテストサービス、そして3つ目は第三者検証のための開発トレーサビリティツールプラットフォームだ。いずれも、「昨今の組み込みソフトウェア開発で求められる、高い信頼性を支える技術」(同社)である。

 同社の担当者は、「2011年のESECでは、当社のCASE(Computer Aided Software Engineering)ツール『ZIPC』と、パートナー企業の開発ツールを“つなげる”ことで提供できる価値やサービスに重点を置いて展示を行いました。ESEC 2012では、ソフトウェア開発の高信頼性化に重要な3つの技術を切り口に展示やデモを行うことで、ツールによる課題の解決方法を、より身近に感じていただきます」と語る。

「ZIPC」 「ZIPC」の画面(クリックで拡大)

 今回の見どころは、最終日となる5月11日(火)の午後2〜3時に同社ブースのプレゼンテーションコーナーで開催する「ディペンダブル・ソフトウェアDAY」だ。産業技術総合研究所が開発している電動車いすロボットを題材に、6人の専門家がさまざまな切り口でトークを繰り広げる。電動車いすロボットの安全機能のD-Caseや、そこからエビデンスを作る技術を紹介する。実機のロボットを会場に持ち込んで、SysMLによるモデリング、キャッツのロボティクス開発環境「ZIPC-RT」を使った安全関連ソフトウェアの検証、ドキュメントモデルのトレーサビリティについて議論していく予定だという。

電動車いすロボット 電動車いすロボット(クリックで拡大)

 「Webで検索すれば何でも調べられるネット社会において、展示会に来場するメリットは、実際に製品を操作したり、製品開発者や技術担当者と対面で話をしたりする機会が得られる点だと思います。Webだけでは調べ切れない疑問を、ぜひ担当者にぶつけてみてください」(キャッツ)。

第15回 組込みシステム開発技術展(ESEC2012)

会期 2012年5月9日(水)〜11日(金)
時間 10:00〜18:00(11日(金)のみ17:00終了)
会場 東京ビッグサイト
キャッツ ブースNo.:西5-14


第15回 組込みシステム開発技術展 ESEC2012特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.