ニュース
» 2012年04月19日 15時03分 UPDATE

無線通信技術 スマートメーター:Wi-SUN Allianceが初の説明会を開催へ、参加企業の募集をスタート

スマートメーターなどを対象にした無線通信規格の業界団体である「Wi-SUN Alliance」は、2012年4月27日に東京都内でオープンハウス(説明会)を開催する。

[EE Times Japan]

 スマートメーターなどを対象にした無線通信規格の業界団体である「Wi-SUN Alliance」は、2012年4月27日に同団体初となるオープンハウス(説明会)を、東京都内で開催する。Wi-SUN Allianceに関心のある企業を対象に、同団体の活動の内容や、参加条件、活動スケジュールなどを説明するとともに、参加企業の募集を開始する。参加は無料で、同団体のWebサイトから申し込める。

 Wi-SUN Allianceは2012年1月に、アナログ・デバイセズ、富士電機、村田製作所、情報通信研究機構(NICT)、オムロン、大崎電気工業、ルネサス エレクトロニクス、Silver Spring Networksの合計8社によって設立された。

sm_201204wi-sun.jpg

 Wi-SUN Allianceの活動の大枠は以下の通りである。まず、スマートメーター向けに物理層を規定した国際標準規格である「IEEE 802.15.4g」および、同規格の策定に伴って追加されたMAC層規格「IEEE 802.15.4e」のさまざまな規定(オプション)の中から、特定のアプリケーションに適したものを抽出し、仕様化する。そしてその後、物理層とMAC層の仕様に対して相互互換を確保するための認証プログラムを策定、実施する。MAC層に関しては、IEEE 802.15.4eに限定せず、想定したアプリケーションに適したものを幅広く活用する方針である。アプリケーションとしては、スマートメーターの他に、例えばさまざまな機器間通信(M2M)インフラ、FA機器制御、ヘルスケアなどを想定している。

 4月27日のオープンハウス以降、参加企業からWi-SUN仕様についての意見を募集し、仕様の策定作業に入る。2012年夏をメドに、Wi-SUNの認証プログラムの第1弾を発表することを目指す。

ワイヤレス設計(Wireless Design)特選コーナー

ワイヤレス設計
携帯電話などの高速移動体通信から、応用が広がる近距離無線、新領域として注目を集めるミリ波通信まで、各種無線システムの設計に不可欠な部品やツール、標準規格や認証テストの最新動向を追う!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.