連載
» 2012年05月09日 08時00分 UPDATE

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):英語に愛されない者は何をしても愛されない、という出発点 (1/2)

「恋愛」が相互の想いでしか成立しないように、「英語」もまた「英語」に愛してもらわなければならず、そして、いかに残酷な結論であろうとも ――「英語」に愛されない者は、何をしても愛されない。どうでしょうか皆さん。何もかもリセットして、まずここからもう一度やり直してみませんか。

[江端智一,EE Times Japan]

 われわれエンジニアは、エンジニアである以上、どのような形であれ、いずれ国外に追い出される……。いかに立ち向かうか?→「『英語に愛されないエンジニア』」のための新行動論連載一覧

番外編Twitter大嫌いな研究員が、覚悟を決めた日」も同時公開しました。こちらもどうぞ。

 日本人である皆さんの多くは、多分、英語を「愛したい」か、少なくとも「一度は愛そうとした」という方だと思います。「愛している」とまで言わなくとも、「英語をペラペラとしゃべりたい」、「英語を不自由なく使いたい」とか、「英語の著書を原文で味わいたい」、「洋画を字幕無しで楽しみたい」と、思ったはずです。

 そして今まで、自分の収入に対して少なくない支出を、「英語」に貢いで……もとい、費やしてきて、今なお費やし続けていると思います。

  • 海外や駅前に留学してみたり、
  • 「伸ばしたい!英語力」などの英語スキルアップの書籍を(結果として)大量に購入していたり、
  • 英語学習に使えるデジタル機器を、片っ端から購入してみたり、
  • Amazonで、ハリーポッターの原書を購入してみたり、
  • ポッドキャストに英語番組を登録してみたり、
  • やたらといろいろな出版社の英語辞書を購入してみたり(電子辞書も含む)

そして、

  • 部屋の中を見渡すと、やけに1月号と4月号が多いNHKのラジオ教材や、一度も開いたことのないTOEICの問題集が散見される、と。

 その他、「聞き流すだけで英語が身につく」、「ヒアリングマラソン」、「24時間好きな時間にインターネットで英会話」など……。 さまざまな教材に手を出し、そのたびに激しい自己嫌悪と挫折を繰り返す。

 これって、何かに似ていると思いませんか。

  • 自分を素敵に見せるために、海外のブランドものや洋服、自動車を購入してみたり、
  • 「好きな人を振り向かせる方法」という本を(結果として)大量に購入してみたり、
  • 好きな人の嗜好(しこう)を調査して、口実を見つけてはプレゼントを送ってみたり、
  • やたらといろいろなパターンの洋服を購入して、好きな人のスタイルに合わせてみたり、
  • 部屋の中を見渡すと、好きな人の写真やメモ書きを後生大事に保管してみたり、

 そして、合コンに出席する話を聞きつけては、その合コンに潜り込み、仕事の理由を作ってはさりげなく食事に誘ってみたり、それでも笑顔で「次の機会にね」と優しく言われて、―― そのたびに激しい自己嫌悪と挫折を繰り返す。これは、好きな人に振り向いてもらうために膨大な時間とお金を貢ぎ続ける、典型的な「片思い」そのものです。

英語への片想いからの脱却

図 写真はイメージです。

 比して、英語に「愛されている人」は、そもそも、生れた時から無条件に愛されているかのようです。例えば、「英語の辞書をめくりながら読んでいるだけで、楽しくて幸せだよね」とか、「英語の歌を口ずさんでいるだけで、意味も分かってくるよね」、「日本語の字幕は無くても、洋画の筋は理解できるよね」などです。

 そして、以下の発言が、英語に愛されている人と愛されていない人の分かれ目、いわば「分水嶺(ぶんすいれい)」です。「英語なんて僕ら同じ人間が使う言語の1つなのに、『難しい』という言い方は変だよ」、「時間をかければ使えるようになるから、他の勉強と比べれば格段に楽だよ」……。

 私はこのような人が、理屈を超えて嫌いです。何に腹が立つかと問われれば、このような人は本心からそのように思っており、「『英語』に『愛されない人』が存在する」という事実を全く理解できないからです。さらに性(たち)が悪いことには、そのような人は全く「悪意が無い」のです。

 恋愛において、どんなに愛していても、どんなに振り向いてほしくても、それがかなわないことがあることを、私たち大人は、血を吐くほど泣いて、泣いて、泣いて、それはもう嫌になるほど、身に染みて体験してきました。もちろん、今、英語の学習を続けている子どもたちもまた、同じような体験を経ていくはずです。「恋愛」が相互の想いでしか成立しないように、「英語」もまた「英語」に愛してもらわなければならず、そして、いかに残酷な結論であろうとも ――「英語」に愛されない者は、何をしても愛されない

 どうでしょうか皆さん。何もかもリセットして、まずここからもう一度やり直してみませんか。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

All material on this site Copyright © 2005 - 2014 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.