ニュース
» 2012年05月15日 11時46分 UPDATE

無線通信技術 IEEE 802.11ac:いよいよ無線も1Gビット/秒超へ、バッファローが業界初の「11ac」製品の販売を開始

バッファローは、IEEE 802.11acに対応した無線LANルータを業界で初めて発売した。IEEE 802.11ac対応製品が登場したことで、有線だけではなくワイヤレスでも、ギガビットネットワークを構築することが可能になる。

[EE Times Japan]

 バッファローは、次世代の無線LAN規格「IEEE 802.11ac」に対応したルータ「AirStation WZR-D1800H」とイーサネットコンバータ「AirStation WLI-H4-D1300」の販売を米国で開始したと発表した。

 IEEE 802.11acは、現在広く使われている無線LAN規格「IEEE 802.11n」の後継に位置付けられる新規格である(関連記事)。5GHz帯を使い、1Gビット/秒を超えるデータ伝送速度を実現する(3×3のMIMO構成のとき)。現在、まだ策定作業は完了していないものの、バッファローはドラフト2.0版の段階で、競合他社に先駆け製品化した。「IEEE802.11ac対応品の市場投入は業界初」(同社)。

図 バッファローが米国で発売したIEEE 802.11ac対応の無線LANルータ「「AirStation WZR-D1800H」」

 無線ルータのAirStation WZR-D1800Hは、5GHz帯を使うIEEE 802.11acの他、2.4GHz帯のIEEE 802.11nにも対応した。2つの周波数帯を使い最大1750Mビット/秒のデータ伝送速度を得る。一方のイーサネットコンバータは、4つのギガビットイーサネットポートを搭載した。ネットワークメディアプレーヤーやゲーム機などを同時に4台接続し、IEEE 802.11acまたはIEEE 802.11nのいずれかで無線化できる。

 想定する用途は、複数のハイビジョン映像のストリーミング再生や、大容量データの伝送などである。「IEEE 802.11ac対応製品が登場したことで、有線だけではなくワイヤレスでも、ギガビットネットワークを構築することが可能になった」(同社)。

無線LAN(Wi-Fi Technology)特選コーナー

無線LAN
組み込み用途から超高速無線技術まで。ノートPCやPC周辺機器のみならず、スマートフォンやタブレット、デジタル家電、産業機器、医療機器へ。超高速無線から組み込み用途まで。幅広い無線LANの用途に焦点を当て、市場動向や新技術、新製品情報をここに集約。

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.