ニュース
» 2012年05月17日 17時48分 UPDATE

無線通信技術 スマートメーター:スマートメーター用無線「IEEE 802.15.4g」が正式発効、業界団体も活動をスタート

スマートメーター用無線の国際標準規格「IEEE 802.15.4g」が正式に発効した。同規格の普及を目指した業界団体「Wi-SUN Alliance」も活動を始めている。

[EE Times Japan]

 情報通信研究機構(NICT)は、米国Elster、Itron、Landis+Gyr、Silver Spring Networksと共同で、スマートメーター用無線の国際標準規格「IEEE 802.15.4g」が正式に発効したと発表した。

 IEEE 802.15.4gは、無線通信の物理的な接続や伝送方式を定めた物理層を規定しており、スマートメーターやスマートホームを含む、スマートグリッドを構成する機器間の無線接続に適した規格である。低消費電力の無線通信方式「ZigBee」のベースになっているIEEE 802.15.4に、周波数帯およびデータサイズの拡張や変調方式の追加といった変更が加えられている。ネットワークの構成は、メッシュ型やスター型、1対1接続といった、さまざまなトポロジに対応しており、膨大な数のスマートメーターから情報を収集することが可能だ。

 2012年1月にはIEEE 802.15.4gを採用した標準仕様の普及促進を目的とした業界団体「Wi-SUN Alliance」が設立され、4月27日はオープンハウス(説明会)を東京都内で開催するなど、製品への展開を目指した動きが活発化している。NICTは、IEEE 802.15.4gの作業部会において、技術仕様の提案のみならず、運用面でも規格策定に貢献してきた。前述のWi-SUN Allianceにもプロモーター企業として参加している。

ワイヤレス設計(Wireless Design)特選コーナー

ワイヤレス設計
携帯電話などの高速移動体通信から、応用が広がる近距離無線、新領域として注目を集めるミリ波通信まで、各種無線システムの設計に不可欠な部品やツール、標準規格や認証テストの最新動向を追う!

>>コーナーTOPはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.