ニュース
» 2012年06月25日 16時09分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:ソニーとパナソニックが有機ELの共同開発で合意

ソニーとパナソニックが、テレビ/大型ディスプレイ向けの有機ELパネルの共同で開発する契約を締結した。2013年内の量産技術の確立を目指す。

[EE Times Japan]

 ソニーとパナソニックは2012年6月25日、テレビ/大型ディスプレイ向けの有機ELパネルおよびモジュールを、共同開発する契約を締結したと発表した。両社が所有する基本技術および印刷技術を活用して共同開発を行う。

 今回、共同開発を進めるのは、印刷をベースとした有機ELパネル製造技術である。大型、高精細の有機ELパネルやモジュールを、低コストで量産するのに適した技術だとしている。両社がそれぞれの技術を持ち寄ることで開発効率を高め、2013年内の量産技術の確立を目指す。

 ソニーは、2007年に世界初の11型有機ELテレビを発売している。2011年には25型の業務用モニターを発売するなど、蒸着技術を用いた有機ELディスプレイの量産および商品展開に取り組んできた。また、蒸着と印刷を組み合わせたハイブリッド有機EL素子のデバイスやプロセス(製造)技術についても、積極的に開発を進めている。

 一方のパナソニックは、オール印刷方式による大画面/高精細有機ELパネルの技術開発で先行している。これは、大型化/低コスト化に優位な印刷技術の中でも最先端のもので、同社は、オール印刷方式による生産を実現するための独自の設備技術ならびに生産技術を持っている。さらに、今後の発展が期待されている大画面/高画質のシート型ディスプレイの実用化を目指し、フレキシブル有機ELディスプレイの研究開発にも取り組んできた。

 今後両社は、有機ELパネル/モジュールの共同開発と並行して、量産フェーズでの協業の可能性についても検討していくという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.