ニュース
» 2012年07月11日 20時11分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2012:STマイクロ、スマートメーターの普及に向けて電力線通信用SoCを展示

STマイクロエレクトロニクスは、スマートメーターと電力会社の間で通信する際に利用される電力線通信向けSoCなど、“省エネ”をテーマに製品を紹介した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 STマイクロエレクトロニクスは「TECHNO-FRONTIER 2012(テクノフロンティア2012)」(2012年7月11日〜13日、東京ビッグサイト)で、HEMS(Home Energy Management System)やLED照明、PLC(電力線通信)向けSoC(System on Chip)など、“省エネ”をテーマに展示を行った。

 図1は、PLC用SoC「STarGRID」の1製品「ST7580」である。PLCは、欧州では主にスマートメーターと電力会社間の通信に採用されている。STarGRIDは、A-Dコンバータや可変アンプなどのアナログフロントエンド、信号の変調/復調を行うPHY(物理層)プロセッサ、通信プロトコル処理を行うプロトコルコントローラの3つの部分で構成される。STマイクロの担当者は、「日本の電力会社は、(スマートメーターとの通信に)PLCを試験的に利用している段階だ。今後はスマートメーターの普及に伴って、STarGRIDのようなPLC向けSoCのニーズは高まってくると思われる」と説明した。

photo 図1 「ST7580」を搭載した評価基板。ST7580は、PLC規格の1つである「Meters and More」に対応している。

 図2は、ゲートウェイとスマートプラグを使用した、HEMSのデモンストレーションである。スマートプラグには、IEEE 802.15.4に対応した32ビットマイコン「STM32W」と、電力計測用IC「STPM10」が搭載されている。ゲートウェイには、STM32Wやキャパシタなどを集積したモジュールが搭載されている。STPM10で測定した電力のデータは、スマートプラグ内のSTM32Wに送られ、そこからZigBeeによってゲートウェイに搭載したSTM32Wに伝送される仕組みだ。

photo 図2 ARMの「Cortex-M3」コアを搭載した32ビットマイコン「STM32W」と、電力計測用IC「STPM10」を組み合わせた、HEMSのデモ。

 LED照明向けには、LEDドライバIC「HVLED815PF」と、保護機能も搭載したバイパスIC「LBP01」を使ったデモも展示した。LEDにLBP01を接続することで、LEDを直列につないだ場合、どれか1個にショートなどの不具合が起こっても、それをう回(バイパス)することが可能になる。通常は、1個に不具合が起きると、そのLEDに直列接続されたLEDは全て点灯しなくなってしまう。

photophoto 図3 左は全てのLEDを点灯したところ。上段のLEDにのみ、LBP01が接続されている。右は、上段/下段の右端のLEDをショートさせたところ。LBP01が搭載されている上段は、右端のLEDをう回して残りのLEDが点灯している。一方、下段のLEDは不具合がないLEDも全て消えてしまっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.