ニュース
» 2012年08月06日 19時21分 UPDATE

ビジネスニュース 企業動向:ルネサスが“アミューズメント向けSoC”の大型案件を受注、下期業績は大幅改善

大規模なリストラにより、2012年度の当期純損失が1500億円まで膨れ上がるルネサス エレクトロニクス。その一方で、2012年度の下期単体の業績では、2014年度の目標としている営業利益率10%以上を確保する見込みだ。これは、リストラ効果や汎用マイコンなどの回復に加えて、“アミューズメント向けSoC”の大型案件が大きく寄与している。

[朴尚洙,@IT MONOist]

 デジタル家電向けSoC(System on Chip)からの撤退、5千数百人規模の人員削減、国内8工場/9ラインの売却もしくは閉鎖により、2014年度の営業利益率を10%以上に高めるための収益基盤強化策を発表したルネサス エレクトロニクス(関連記事)。

 この収益基盤強化策と同日に発表した2012年度(2013年3月期)の通期業績見込みによれば、人員削減と国内生産拠点の再編に1550億円の費用を計上しているため、2012年度の当期純損失は1500億円まで膨れ上がる見込みだ。

 その一方で、2012年度の下期単体の業績見込みだけを見ると、売上高が4620億円(この内半導体売上高が4340億円)、営業利益が465億円となっており、既に2014年度の目標である営業利益率10%以上を確保しているのである。

ルネサスの2012年度の業績予想 ルネサスの2012年度の業績予想。下期の売上高4620億円に対して、営業利益は465億円となっている。(クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 ルネサスは、2012年度の半導体売上高の見込みについて、マイコンは前年度比で1桁%中盤の増加、アナログIC&パワー半導体とSoCは前年度並みとしている。マイコンの増加は、2011年度後半から変わらず需要が堅調な車載向けをベースに、汎用マイコンの需要が回復するからである。アナログIC&パワー半導体は、撤退した大型液晶ドライバICや村田製作所に売却したパワーアンプなどの減少分を、スマートフォン向けの中小型液晶ドライバICと民生用機器向けのアナログICの需要増でカバーして、ほぼ横ばいになるという。

2012年度の半導体売上高半導体売上高の四半期推移 左の図は、2012年度の半導体売上高を2011年度と比べてものである。右の図は、2012年度の半導体売上高の四半期推移。赤色の線で示した、アミューズメント向けSoCの大型案件が売上高の増加要因となっている。

 SoCについては、カーナビゲーションシステム向けなどが2011年度後半から変わらず需要が堅調ではあるものの、新製品開発を中止するデジタル家電向けSoCの売上高は減少する。この減少分を穴埋めするのが、下期以降の売上高に加わる「アミューズメント向けSoC」の大型案件だ。これは、2012年末までの発売が想定されている任天堂の新型ゲーム機「Wii U」向けである可能性が高い。

 ルネサス社長の赤尾泰氏は、このアミューズメント向けSoCの大型案件について、「既に契約を締結済みなので、通期業績見込みの下振れ要因にはならない」としている。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

イプロスの製品トピックス

All material on this site Copyright © 2005 - 2013 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.