ニュース
» 2012年08月14日 12時24分 UPDATE

ビジネスニュース オピニオン:オリンピックは盛況も、テレビ業界は振るわず (1/2)

ロンドンオリンピックでは、スーパーハイビジョンや3Dで競技が放映されるなど、放送技術について新しい試みが行われた。だが、残念ながら、こうした放送技術が視聴者の注目を集めることはなかったようだ。

[Junko Yoshida,EE Times]

 2012年のロンドンオリンピックは壮大なイベントとなった。素晴らしい選手たち、手に汗握る競技、記録的な数の観客……。しかし、残念ながら、最新の放送技術に関しては旋風が巻き起こることは一切なかった。

 放送局にとっては、ロンドンオリンピックは、3D放送を広く行う初めての機会だった。例えば、米国の民放テレビ局であるNBCは、何と連日12時間、3D番組を放映した。また、スーパーハイビジョン(UHDTV:Ultra High Definition Television、8Kとも呼ばれる)を試験的に放送できるチャンスでもあった。しかし、米国市場では3Dテレビの実質的な売り上げの増加はいまだに見られない。同様に、UHDTVはメディアからそれほど注目されていない。このため、消費者は「UHDTVは一体何なのか?」と気にかけてすらいないようだ。

 いまや米国の多くの消費者は、家庭に大画面のハイビジョンテレビ(HDTV: High Definition Television)を持っており、新しいテレビを欲しいとは思っていない。加えて、大画面の薄型テレビだけがオリンピックを観戦する画面ではない。iPadやスマートフォンがある。

 テレビ業界において、オリンピック放送を新しい放送技術の“発射台”にすることは、もはや過去のものとなってしまった――。ロンドンオリンピックでは、それが証明されたのではないだろうか。2012年ロンドンオリンピックで、UHDTVと3Dテレビに一体何が起こったのか、より詳しく見てみよう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.