ニュース
» 2012年08月16日 10時28分 UPDATE

ビジネスニュース 市場予測:中国のリチウムイオン電池市場、2016年には92億ドルに成長

中国では、鉛蓄電池からリチウムイオン電池への置き換えが始まっていることなどから、リチウムイオン電池市場が急速に成長するという。

[Nicolas Mokhoff,EE Times]

 中国のリチウムイオン電池市場は、2016年には92億米ドルと、現在の倍近くに成長するという。生産量も129%増となる44.3GWh(ギガワット時)まで伸びる見込みだ。

 中国での電気自動車の需要は、中国政府の強気な予想を下回っている。そうした状況にもかかわらず、中国のリチウムイオン電池市場は驚異的な成長を遂げることになる。

 リチウムイオン電池の生産量の年平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は18.2%だが、2016年にはリチウムイオン電池の1kWh(キロワット時)当たりの平均販売価格が20%下落して207米ドルになるので、売上高ベースのCAGRは12.8%にとどまるという。なお、2011年における中国のリチウムイオン電池市場の売上高は、50億米ドルだった。

 米国の市場調査会社であるLux ResearchでResearch Associateを務めるZhuo Zhang氏は、「リチウムイオン電池市場で勢いがあるのは引き続き民生機器市場だが、さまざまな宣伝や政策によって新たな用途にも注目が集まっている」と述べる。Zhang氏は、同社のリポート「Hype vs. Policy: The Chinese Market for Lithium Batteries(宣伝対政策――中国のリチウムイオン電池市場)」の主執筆者である。

 Zhang氏は、「電気バイク(自転車)や電気自動車の市場は、今後数年間で急速に成長すると予測されているが、2016年の販売数は10万台以下にとどまる見込みだ」と述べた。

 Lux Researchは、中国のリチウムイオン電池市場について、以下のように予測している。

  • 2016年には中国で3200万台の電気バイクが製造されるが、そのうち約57%がリチウムイオン電池を使用したものになる。2011年の時点では、リチウムイオン電池を搭載したバイクはわずか3%だった。
  • 中国には71万4000カ所の通信基地局があり、主に通信大手3社によって運営されている。これらの基地局では、鉛蓄電池からリチウムイオン電池への置き換えが求められており、140億米ドル規模の市場機会をもたらすとみられている。
  • 外資のベンチャーキャピタルから資金を得た新興企業にとっては、中国企業と提携するチャンスになる。Boston-Power、Ener1、Altair Nanotechnologiesなどは、既に中国のパートナー企業と契約を結んでいる。

【翻訳:青山麻由子、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.