ニュース
» 2012年09月10日 16時52分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:“追う立場”となったIntel、新たなコンピュータ市場で巻き返しは図れるか

EE Times Japanで先週(2012年9月2日〜9月8日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「ポストPC時代の到来、“Wintel”の勢いにかげり」、2位は「寿命「30億年」に「10年」が挑む」、3位は「『退任よりも再建計画の実行が自分の責任』、いまルネサス社長が掲げる4つのプラン(後編)」がランクインしました。

 2位の記事では、次世代パワー半導体の旗手として脚光を浴びるSiC(炭化ケイ素、シリコンカーバイド)を特集しています。特に自動車への採用に期待が掛かるSiCですが、まだまだ課題が多いことも事実です。その課題の1つである寿命について、じっくりと解説しています。SiCとともによく取り上げられるGaN(窒化ガリウム)に焦点を当てた「LEDを一新した『GaN』、次は電力を変える」も、併せてご覧ください。

 この他、6位では、NHKが寿命を従来比約7倍に伸ばした赤色発光有機ELを開発したというニュースを紹介しています。有機EL市場ついては、動向にフォーカスした「有機ELディスプレイ、『日本に勝機は必ず訪れる』」、有機ELの原理と仕組みを解説した「夢の薄型テレビ、大型有機EL」も、ぜひご一読ください。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.