ニュース
» 2012年09月24日 13時42分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:ムーアの法則はまだ終わらない、2014年には14nm FinFETも登場か

EE Times Japanで先週(2012年9月16日〜9月22日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「ムーアの法則は今後10年以上は続く」、Intelが“限界説”を否定」、2位は「iPhone 5のプロセッサは2GHzのデュアルコアCortex-A15、アナリストが言及」、3位は「ガム1枚でスマホが満腹、つぶつぶカルシウムが効く」がランクインしました。

 携帯機器にとって、軽くて長持ちする電池は欠かせません。第3位の記事では、リチウムイオン二次電池と小型/軽量の燃料電池を組み合わせることで、電池を小型軽量化する技術について解説しています。

 第1位のムーアの法則の記事に加え、GLOBALFOUNDRIESの14nm世代について取材した記事も第4位にランクインしたことから、プロセス技術に高い関心が寄せられていることが分かります。Intelの新型CPU「Ivy Bridge」を早速解剖、3DトランジスタのTEM画像公開「半導体微細化、技術的には7nmも可能」、TSMCの開発責任者がARMイベントで言及なども併せてお読みください。

 また、第8位第10位は、いずれも「CEATEC JAPAN 2012」の事前情報を掲載した記事です。そのCEATECの開催は、いよいよ来週に迫っています。EE Times Japanが開設したCEATEC JAPAN 2012の特集サイトもぜひご覧ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.