ニュース
» 2012年10月02日 19時18分 UPDATE

CEATEC 2012:超広角カメラで“自分撮り”、ドコモのハンズフリービデオフォン

NTTドコモが披露したテレビ電話用の眼鏡型端末は、複数の広角カメラを搭載している。このカメラで撮影した通話者の顔と身体、背景の画像を合成し、通話相手に送信する仕組みになっている。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 NTTドコモは、「CEATEC JAPAN 2012」(2012年10月2日〜6日、幕張メッセ)において、テレビ電話に使用する眼鏡タイプの端末の試作品についてデモンストレーションを行った。


mm_CEATEC2012_docomo_fig1.jpg NTTドコモがデモに使用した、テレビ電話向け眼鏡型端末(試作品)

 眼鏡の周りに複数の広角カメラを搭載しており、そのカメラで本人(眼鏡をかけている人物)の顔と身体をさまざまな角度から撮影する。また、背後にもカメラを1個搭載しており、これで本人が実際にいる場所の背景を撮影する。撮影した顔と身体、背景の画像を合成した映像が、テレビ電話の相手が使用する端末に送信される仕組みだ。相手には、正面から撮影したような顔の画像が見えることになる。

mm_CEATEC2012_docomo_fig2.jpg 眼鏡型端末で画像を撮影し、画像を合成する仕組み(クリックで拡大)
mm_CEATEC2012_docomo_fig3.jpg 眼鏡タイプの端末を実際に装着している様子

 NTTドコモの担当者は、「携帯電話を使うテレビ電話は、端末をずっと持っていなくてはいけないし、どこにも移動することができない。眼鏡タイプの端末であれば、こうした不便さを解消できる」と話す。

 なお、今回披露した眼鏡タイプの端末には、テレビ電話の相手の顔は映らない。「眼鏡のレンズの大きさ(面積)に限りがあるので、テレビ電話の相手の顔まで映すとなると、今の段階では難しい」(NTTドコモ)。

 将来的には、汗や血圧、体温などを計測してモニタリングするバイタルモニタリングや、キーボードなどを眼鏡のレンズ部分に映し出してどこでもPCを操作できるようなバーチャルオフィスなど、幅広い分野での応用例を考えているという。

CEATEC JAPAN 2012特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.