ニュース
» 2012年10月09日 09時21分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:日本のテレビ業界、苦闘は続くも消費者の関心はまだ高い

EE Times Japanで先週(2012年9月30日〜10月6日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

 1位は「4Kから8K、そしてIGZO――進化するテレビを支える先端技術」、2位は「蛾の目”がテレビの外光映り込みを低減――シャープが「モスアイ パネル」出展」、3位は「超広角カメラで“自分撮り”、ドコモのハンズフリービデオフォン」がランクインしました。

 先週は、やはり「CEATEC JAPAN 2012」を取材した記事にアクセスが集中しました。苦境に陥っているテレビ業界ですが、CEATECでは、家電各社が展示した新型テレビの周りには常に人だかりができており、消費者の関心の高さがうかがわれました。ランキング入りした記事以外のCEATEC取材記事も、特集サイトより、ぜひご覧ください。

 6位は、予想に反して苦戦しているUltrabookの話題です。苦戦の原因は、高価格。しかし、「Appleの新型「MacBook Pro」でUltrabookの低価格化が加速か」にも書かれているように、Ultrabookは値下げを迫られることになりそうです。

 Appleの「iPhone 5」の分解記事も、引き続き多くのアクセスを集めています。さらに、Googleの7インチタブレット端末「Nexus 7」が日本でも販売開始になったことから、Nexus 7の分解記事「小型iPad投入あおるGoogleの「Nexus 7」、部品ベンダーに見慣れぬ顔ぶれ」へのアクセス数も急上昇しました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.