ニュース
» 2012年10月12日 10時24分 UPDATE

ビジネスニュース:Intel、スマホ向けプロセッサ市場に食い込む

勢いの良いスマートフォン向けアプリケーションプロセッサ(AP)市場において、Intelは0.2%のシェアを獲得した。これまでのシェアはゼロだったが、どうにか同市場に食い込むことに成功したようだ。

[Peter Clarke,EE Times]

 米国の市場調査会社であるStrategy Analyticsによると、2012年上半期のスマートフォン用アプリケーションプロセッサ(AP)市場において、Intelは出荷数量ベースで0.2%のシェアを獲得したという。これまでのシェアはゼロだった。また、Qualcommは売上高ベースで48%のシェアを獲得し、同市場トップの座を守った。

 また、Strategy Analyticsは、ST-Ericssonが切望していた良いニュースも報告している。同社のアプリケーションプロセッサ「NovaThor」の2012年第2四半期における出荷個数は、前期比で28%増加し、四半期での出荷個数は過去4年で最高となった。

 スマートフォン用アプリケーションプロセッサの需要は確実に高まっている。こうした上げ潮により、同市場に関わる企業の業績も好転しているとみられる。Strategy Analyticsの最新リポート「Handset Component Technologies」によると、2012年上半期のスマートフォン用アプリケーションプロセッサの売上高は55億米ドルに達し、前年同期比で61%増加したという。

 リポートによると、2012年前半のスマートフォン用アプリケーションプロセッサの売上高ランキングでは、首位のQualcommに続き、Samsung Electronics、MediaTek、Broadcom、Texas Instrumentsがそれぞれランクインした。

 MediaTekは、中・低価格のスマートフォン分野に取り組むことで、前年比で13倍の成長を達成した。Broadcomは、SamsungからローエンドのAndroidスマートフォンのデザインウィンを獲得したことが追い風となり、2012年上半期に第4位にランクインした。

 Strategy Analyticsでシニアアナリストを務めるSravan Kundojjala氏は、報道発表資料の中で、「Qualcommは、LTE(Long Term Evolution)モデム分野で早期に主導権を握ったことにより、首位の座を保つことができた」と述べている。

【翻訳:平塚弥生、編集:EE Times Japan】

原文へのリンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.