ニュース
» 2012年10月22日 15時28分 UPDATE

ET2012 開催直前情報:「インテリジェント・システム」をキーワードに、組み込み機器の進化したカタチを見せるインテル

「Embedded Technology 2012」におけるインテルのテーマは「Intelligence in. Amazing out.」だ。膨大なデータから有用なものをリアルタイムに抽出・処理して“知識化”し新たな価値の創造を実現するための基盤「インテリジェント・システム」を、最新ソリューションとデモで見せる。

[EE Times Japan]

 2012年11月14〜16日の3日間、パシフィコ横浜で組み込み関連の最先端テクノロジーや基盤技術が多数集結する「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(以下、ET2012)」が開催される。

 ET2012開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では、ET2012の特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 さて今回は、インテルの展示について紹介する。同社は、ネットワーク接続機能を備えた「コネクテッド・デバイス」が生み出す膨大なデータから、有用なものをリアルタイムに抽出・処理し、”知識化”して新たな価値を想像する基盤を「インテリジェント・システム」と呼んでいる。ET2012のインテルブースでは、インテリジェント・システムの世界を体験し理解できる次世代組み込み機器の応用例や最新ソリューションを、デモンストレーションを交えて展示する。

>>3メディア合同「Embedded Technology 2012特集」

「インテリジェント・システム」の可能性見せる3つのゾーン

 インテルのET2012におけるテーマは「Intelligence in. Amazing out.」だ。同社ブースでは、インテルが考えるインテリジェント・システムの世界を、共同出展企業とともに、Personal、Automotive、Industrialの3つのソリューション・ゾーンで見せる。

ay_intel_booth01.jpg インテルの展示ブースのイメージ(出典:インテル)

 Personal Solution Zoneでは次世代自動販売機や総合エンターテインメントシステムなど、リテール、メディカル、アミューズメント分野を対象とした、インタラクティブで洗練されたUI(User Interface)を特徴とする体験型デモを用意する。Automotive Solution Zoneでは車載インフォテインメントシステムや、EVバスなどの運行モニタリングシステムを展示。Industrial Solution Zoneでは、FA、エネルギー、セキュリティ分野におけるインテリジェント・システムの活用イメージを披露する。さらに、第3世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを搭載した、共同出展企業の最新ソリューションも紹介する。

組み込み業界の未来はインテリジェント・システムに

 インテルがインテリジェント・システムという基盤を推し進めて1年経ち、市場でのさまざまな動きが出てきている。同社ではET2012の展示を通じて、組み込み業界の未来に大きな可能性を感じてもらい、そして組み込みから進化したインテリジェント・システムに共感し、実践につなげてもらいたいと期待している。

Embedded Technology 2012/組込み総合技術展

会期 2012年11月14日(水)〜16日(金)
時間 10:00〜17:00(15日(木)は18:00に終了)
会場 パシフィコ横浜
インテル・ブースNo. A-01


Embedded Technology 2012特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.