ニュース
» 2012年10月24日 10時39分 UPDATE

ビジネスニュース 業界動向:国内PCメーカー、興味は「Surface」よりも「Windows 8」? (1/2)

発売を間近に控えたMicrosoft初のタブレット端末「Surface」。日本発売の予定は立っていないが、国内のPCメーカーは、Surfaceよりも「Windows 8」に期待をかけているようだ。

[Junko Yoshida,EE Times]

 Microsoftのタブレット端末「Surface」が2012年10月26日に発売される。しかし、Surfaceは日本では販売されない。

 Microsoftが日本での販売を見送ったのは、日本が成長市場として期待できないと判断したためだろうか。もしくは、日本でSurfaceの販売が不振に終わることを恐れているのだろうか。日本企業からは、2012年第4四半期に「Windows 8」を搭載するタブレット端末やPCが多数投入される見通しだ。

 Microsoft初のタブレット端末とあって、Surfaceについてはさまざまな予測がなされている。Surfaceは、米国と英国を含む8カ国で発売される。アジアでの販売地域は中国と香港で、日本の名前はなかった。

 Microsoftは、Surfaceの日本での発売については「未定」としか述べていない。

 アナリストらは「Microsoftは、2012年中は日本での発売を見送る」と予想しているが、その理由を「Windows 8の販売促進に向け、日本メーカーと協力体制を取るため」と分析している。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.