ニュース
» 2012年10月26日 20時10分 UPDATE

ISO26262:NXPがASIL-D対応の磁気抵抗センサーICを開発中、2013年1月から量産

NXPセミコンダクターズが、自動車の機能安全規格であるISO 26262に対応した磁気抵抗(MR)センサーICの開発状況を明らかにした。最も厳しい安全レベルを示すASIL-Dに対応したMRセンサーICを、2013年1月から量産する計画である。

[朴尚洙,MONOist]
NXPセミコンダクターズがASIL-D対応の磁気抵抗センサーICを開発中

 NXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)は2012年10月26日、東京都内で開いた記者会見において、自動車の機能安全規格であるISO 26262に対応した磁気抵抗(MR)センサーICの開発状況を明らかにした。ISO 26262で最も厳しい安全レベルを示すASIL-Dに対応したMRセンサーICを2013年1月から量産する。現在はサンプル供給を行っている段階。

 NXPセミコンダクターズのMRセンサーの世界シェアは、磁気センサーを含めた車載市場で第3位、ABS(アンチロックブレーキシステム)向けではトップである。同社はこのABS向けMRセンサーの実績を基に、電動パワーステアリング(EPS)や電子スロットルなどにも製品を展開している。

 ISO 26262では、車載システムの安全レベルをASIL-A〜ASIL-Dの4段階で分けている。ASIL-AからASIL-Dに進むに従って、要求される安全レベルは高くなる。自動車の走行機能に深くかかわるEPSや電子スロットルは、ASIL-CもしくはASIL-Dといった高い安全レベルが求められるとみられている。もちろん、EPSや電子スロットルに用いるMRセンサーも、ASIL-CやASIL-Dに対応する必要がでてくる。

NXPセミコンダクターズのStephan zur Verth氏 NXPセミコンダクターズのStephan zur Verth氏

 NXPセミコンダクターズが開発中のMRセンサーICは、MRセンサーヘッドとセンサー制御用のASICをそれぞれ2個ずつ1つのパッケージの中に搭載することにより、ASIL-CとASIL-Dに対応可能な冗長性を確保した。なお、ASIL-AやASIL-Bについては、既存の製品で対応する方針。

 同社でセンサービジネス担当のバイスプレジデント&ジェネラルマネージャを務めるStephan zur Verth氏は、「MRセンサーは、磁気センサーとは異なりレアアースが不要である。中国のレアアース輸出規制によって、MRセンサーの需要は高まっており、今後も安定した成長が続くだろう」と述べている。

ISO26262−自動車向け機能安全規格−

ISO26262
ISO26262の解説記事と最新情報を集約した特集サイト

>>トップページはこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.