ニュース
» 2012年11月13日 10時45分 UPDATE

EE Times Japan Weekly Top10:やっぱり気になる、最新タブレットの中身

EE Times Japanで先週(2012年11月4日〜11月11日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!

[EE Times Japan]

「EE Times Japan Weekly Top10」バックナンバー

mm121113_top10.jpg

 1位は「Amazonの「Kindle Fire HD」を分解、Apple・Google対抗の小型タブレット」、2位は「HDレベルの裸眼3D映像、家庭で楽しめる時代に」、3位は「Appleの「iPad mini」を分解、A5プロセッサは32nmのHKMG技術で製造」がランクインしました。

 先週は、Kindle Fire HDとiPad miniの2つのタブレットを分解した記事が多く読まれました。Appleの対抗馬として着実にシェアを伸ばしているKindleシリーズへの関心は、やはり高いようです。

 2位には、「FPD International 2012」にてフィリップス エレクトロニクス ジャパンが展示した裸眼3Dディスプレイの記事がランクインしました。同社の担当者によれば、裸眼3Dは技術的には安定してきているので、あとは市場のニーズやコストの問題をクリアすればよいとのこと。こちらの記事では、未来のテレビのキーワードとして「裸眼3D」と「自由視点」が挙げられています。併せてお読みください。

 4位は、シリコンに代わる素材として注目されているカーボンを取り上げた記事です。「炭素はどこまでシリコンに取って代われるか」、「ダイヤよりも硬く、羽毛よりも軽く――炭素が開く新材料」も、ぜひご覧ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.