ニュース
» 2012年11月19日 17時43分 UPDATE

ET2012:ウインクで画面をスクロール、顔や目をUIとして使用

左目をウインクすれば画面を左側にスクロール、顔を右側に向ければロボットが右側を向く――。コアと富士フイルムが、顔や目をユーザーインタフェース(UI)として利用するデモを披露した。

[村尾麻悠子,EE Times Japan]

 コアと富士フイルムは、「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展(ET2012)」(2012年11月14〜16日、パシフィコ横浜)において、顔の動きや瞬き(ウインク)をユーザーインタフェース(UI)として利用するデモンストレーションを行った。

 下の写真は、ウインクによって画面を左または右にスクロールする技術だ。ディスプレイの隣に設置したカメラで、ディスプレイの前に座るユーザーの両目を撮影し、目を閉じたことを認識すると画面がスクロールする。右目を閉じれば右に、左目を閉じれば左にスクロールする。

mm_et2012fujifilm_fig01.jpgmm_et2012fujifilm_fig02.jpg ウインクによって画面をスクロールするデモ(左)。今回のデモにはAndroid評価ボードを使用しており、画像認識のアルゴリズムが組み込みソフトウェアとして実装されている(右)。

 富士フイルムの担当者は、「全身麻痺や半身麻痺のユーザーが端末などを操作する場合に役立つのではないか。また、今回は画面のスクロールのデモを行ったが、テレビのチャンネルや音量を変えたり、照明をオン/オフしたりと、さまざまな用途が考えられる」と述べている。

 スマートフォンを使い、顔の向きでロボットを操作するデモも披露した。スマートフォンに搭載しているカメラで自分の顔を映し、右を向くとロボットも右を、左を向くとロボットも左を向く。画像認識用ソフトウェアをスマートフォンに搭載し、ロボットとの通信はBluetoothで行っている。

mm_et2012fujifilm_fig03.jpg 顔の向きでロボットの向きを変える。

 その他、スマートフォンのカメラで顔全体を認識し、顔とスマートフォンの距離を基に、画面のズームの倍率を自動的に変更するデモも紹介された。例えば電子書籍を読んでいる場合、顔をスマートフォンに近付けると文字のサイズが小さくなり、遠ざけるとサイズが大きくなる。

mm_et2012fujifilm_fig04.jpgmm_et2012fujifilm_fig05.jpg 右は、スマートフォンに顔を近付けた場合。左は遠ざけた場合。文字の大きさが異なっている。
Embedded Technology 2012特集 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.