ニュース
» 2013年01月08日 11時59分 UPDATE

2013 International CES:4K対応の56型有機ELテレビ、ソニーが試作機を披露

米国のラスベガスで2013年1月8日(現地時間)に開幕する国際家電ショー「2013 International CES」において、ソニーは4K対応の56インチ型有機ELテレビの試作機を参考出展する。

[EE Times Japan]

 ソニーは、56インチ型有機ELテレビの試作機を米国ネバダ州ラスベガスで開催される「2013 International CES」(2013年1月8〜11日)に参考出展すると発表した。最先端の酸化物半導体TFT技術と、同社独自の「スーパートップエミッション方式」により、56型で4K(3840×2160画素)を実現している。

 従来の有機ELテレビでは、有機EL層を発光させるために低温ポリシリコンTFTを用いてきた。だが、この方法を用いると、TFTの特性のばらつきによる表示ムラなどの問題から、画面の大型化には課題があった。そこで、これまで研究開発を進めてきた酸化物半導体TFTを用いることで、56型の大型サイズながら4Kを実現したという。

mm130108_sony.jpg CESに参考出展する4K対応56型有機ELテレビの試作機 出典:ソニー

 さらに、有機EL素子の構造には、独自のスーパートップエミッション方式を採用している。光をTFT基板の上から取り出す同方式は、開口率が高いので、有機EL層から効率的に光を取り出すことが可能だ。そのため、低消費電力と長寿命を実現できる。

mm130108_sony_fig1.jpgmm130108_sony_fig2.jpg 発光層の光をTFT基板の上から取り出すトップエミッション方式(左)と、トップエミッション方式を応用したソニー独自のスーパートップエミッション方式(右)(画像はクリックで拡大) 出典:ソニー

 なお、CESにて参考出展する有機ELテレビに用いた有機ELディスプレイは、台湾のAUOとの共同開発によって試作したものだという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.